玄林館 別府湾SA(下り線)@別府市

「超・濃厚抹茶ソフト」...

ふくやラーメン@大分市

「ふくや」と言って真っ先に思い出すのは・・・。私の場合は学生時代を過ごした広島にある百貨店の「福屋」ということになりましょうが、大分市民になると駅前の好立地にあるこのラーメン屋さんになるのでしょうかね~。「ラーメン工房 ふくや(大分駅前店)。」大分市の知人に「てっとり早く駅前でラーメン食べるならココやろ~。」と教えてもらったお店です。場所は大分駅から繁華街の都町へ向かう途中スグ。もちろん豚骨ラーメ...

丸優ラーメン@大分市

やっぱり何だかんだ言っても「大分のKing of Ramen」はここやろなっ・・・。新店が出来ればとりあえず浮気しちゃうんだけど、結局元サヤに帰ってくるみたいなこの安心感。開店とほぼ同時刻にどこからともなく車を停めてやって来てはお店へ入って行く地元の人々。いつもの決まった場所にいつもと同じ獣臭が漂い、ここに来ればいつものラーメンが食べれるという信頼感。大分の豚骨ラーメンを語る上で決して避けて通ることはできない...

キッチン丸山@大分市

「やっぱり大分名物のアレを食べないことにはイカンでしょ。」大分に来たらコレは外せないもんね~。勿論、大分名物のチキンと言えば最近でこそ「中津のから揚げ」も有名なようですが、大分と言えばやっぱり「とり天」。小麦粉と卵で揚げたから揚げと違ってとり天は鶏肉を水で溶いた天プラ粉で揚げたものね~。大分市内の食事処だと大体どこでも食べられる県民食なんだけど、どうせなら一番有名なお店で食べましょ。ということで駅...

炎王ラーメン@大分市

「この辺りで〆ラーと言ったらどこがオススメか教えてぇ~。」大分の歓楽街・都町で地元のお兄ちゃんに投げかけた質問。コレに対し「最近のイチオシはココですかね~。」と親切に教えていただいたお店に直行。どんなインターネットの口コミサイトよりも地元の声に勝るモノはないでしょうからね。赤い看板を目指しこ確かこの道を真っ直ぐって言ってたよな・・・、「看板見っけ。」この看板から右に細い路地を入って行くとスグにその...

餃子の司@大分市

「まだまだ続く大分の夜~。」たらふく牛カツ食べてお腹も満たされた後ではありますが、このまま宿に戻るのもアレだしちょっとどこかで一杯ひっかけて・・・。どこかにいい店ないかな~と夜の街を徘徊。呑んべぇの直感レダーアンテナにひっかかりそうなお店はどこいづこ。「目的地ロックオン。」ビール+餃子=今のシチュエーションにぴったんこ。カウンターに空席もありそうだしここは迷わず突撃~。これがね~結果的には大正解だ...

カツトミ@大分市

今日の晩御飯はガッツリと揚げ物気分。周りにメタボと言われようが何と言われ様が好きなものは好きなのだ~。大分市の中心部でハイパーカロりーを摂取したい時の「My揚げ物2大巨頭」。個人的にはココのチキンかつも捨てがたいんだけど、気分は何故か鳥さんではなく牛さんに傾き・・・、向かうは大分県民に絶大な支持を得るトキハデパート方面へ・・・。とんかつの「カツトミ」。トキハデパートのすぐ裏手にあります。大分・トンカ...

おめでたい@大分市

ピピピッ・・・、「大分風味の醤油豚骨ラーメンとは何ぞや・・・。」駅ビル改築真っ只中のJR大分駅を出て左に歩くとスグにそのお店はあります。何でも大分では有名な「一骨家」や「虎の家」と言ったいわゆる「ド豚骨ラーメン」をウリにするお店の系列店なんだって・・・。醤油豚骨ってもしかして横浜の家系ラーメンの大分版ということ。外まで聞こえるような大音量でかかる音楽と九州ならではの豚骨臭に誘いこまれるようにいざ入...

冷麺の胡月(こげつ)@別府市

大分県別府市に他地域と異なる冷麺文化があります。冷やし中華とも異なり盛岡冷麺や韓国料理店でよく目にする平壌冷麺とも違うオリジナルな冷麺です。その有名店のひとつである昭和45年創業の「冷麺の胡月(こげつ)」さんを訪問。冷麺(普通盛り¥650)をオーダーここは麺の量で大盛りや3玉などを選べるようです。ほどなく冷麺が提供まず見た目でスッキリした清涼感のある感じ・・・そして麺が白い&太いこれまでに食べた冷麺と...

道の駅 宇目@佐伯市

大分県と宮崎県を結ぶ幹線道路(国道326号)、県境から大分側に入ってスグの唄げんか大橋のたもとにある「道の駅宇目」。ここで販売されている鶏のから揚げ(5個¥400)が今日のイチオシです。大分はとり天の他に中津のから揚げが有名ですが、ココのから揚げの特徴はとにかくジューシー!常に揚げたてを食べれます。1つ1つが子供の拳大くらい大きく食べ応えも十分です。程よい塩コショーの味付けで外側はサクッと、噛んだ瞬間に...