信州そば むらた@福岡市博多区

福岡で蕎麦を食べるなら・・一番のお気に入りはココ「信州そば むらた」場所は博多山笠で御馴染みの櫛田神社のスグそば、国体道路の1本裏通りにあって中洲からも歩いて行けます信州・安曇野の本格蕎麦を堪能することが出来るお店はどこかシックで落ち着く雰囲気ジャズが流れる店内は福岡の蕎麦好きでいつも賑わっていますメニューは二八と田舎・十割が中心になっていて酒好きをくすぐる旨そうな一品料理がズラリ飲みたい気持ちを...

のり一@鹿児島市

鹿児島の「天文館」=出会いや別れ、歓喜や欲望の渦巻く街。そんな南九州最大の繁華街で呑んだ後の〆ラーメンとして地元に圧倒的支持を得ているお店がココ「のり一(いち)」昭和24年創業、天文館の酔っ払いの胃袋を満たし続けて60年。有名店「豚とろ」のすぐ近くなんですが、若者の「豚とろ」中高年の「のり一」として連日どちらも大盛況「のり一」の最大の特徴は激アッサリの塩スープ。これが呑んだ後の五臓六腑に染み渡る丁度い...

うまいもんや山海楼@八戸市

魚介が好きで酒が好き・・そんな人に青森最強の居酒屋がココ「うまいもんや山海楼」小奇麗な店内は意外に広くどんなシチュエーションでも使いやすいお店です。この店のオススメはズバリ新鮮な魚介と青森の酒定番のメニューもありますがここはやっぱりその日のオススメが書かれたホワイトボードから選びたいところ今回は八戸では外すことの出来ない前沖サバに中トロ・金目鯛にホヤをチョイス三陸の海の恵みを全て頂きたいのですがメ...

幸帝ラーメン@菊池市

熊本県北部(玉名・山鹿・菊池地域)で一番好きなラーメン屋はココ「幸帝ラーメン」玉名ラーメンの部類に入ると思いますが先の玉名・天琴がワイルド系ならばここ菊池・幸帝は洗練された万人にウケるタイプのモノ家族で行っても幅広い年齢から支持されるラーメンだと思います。南の熊本ラーメンと北の久留米ラーメンのそれぞれのいいトコロを合わせた完成度の高い一杯はあまり脂っこさを感じない、しかし豚骨の重みを十分に感じるト...

グリル十津川@八尾市

ブログで知った大阪は八尾の「グリル十津川」いつかは訪れてみたいと思っていた知る人ぞ知る洋食のお店に念願かなって初訪問このお店日曜定休で営業時間は11:50~13:10の80分のみ営業と地元でないとかなりハードルの高いお店としても有名JR久宝寺で降りて歩くこと7~8分。オレンジレンガのお店に12:10に到着し恐る恐る扉を開けて初訪問このお店での目的は評判の「ビフカツ」1点のみ先客4名は皆噂のビフカツを堪能中大きな...

天琴ラーメン@玉名市

熊本県北部の玉名市には熊本ラーメンと一線を画す「玉名ラーメン」なるものがあります。それはどちらかというと久留米ラーメンの影響を受けて発展したモノだとか・・市内に16店舗ほどある玉名ラーメンと温泉で町おこしにもなっています。数ある玉名ラーメンの中でご紹介するのはココ「天琴ラーメン」昭和32年創業の歴史あるお店です。ここのラーメンの特徴はなんといってもスープ表面を覆う脂(ラード?)の層。1cmは言い過ぎでし...

カレーショップ S(エス)@札幌市

札幌ススキノにあるカレーショップ「S(エス)」スープカレーとパキスタン風のルウカレーが専門のお店です。地下1階にあるお店ですが、店内は小奇麗なレストラン風で女性一人のお客さんも多いようですここのスープカレーはよくある札幌で有名なモノとはちょっと違っていて和風ブイヨン系(?)そこまでスパイシーではなくすっきりした旨味系(?)という感じのモノスープカレー1番人気のチキンベジタブル(¥1050)にカマンベー...

肉そば総本山 けいすけ @神田神保町

神保町・白山通りにある「けいすけグループ」のお店は肉そばのお店とのこと。店内に入るとスグにタッチパネルの券売機があります。これ苦手やな~と見れば肉そばには醤油・味噌・塩の三種類あるようです。ここは一番スタンダードと思われる醤油をチョイスカウンターに腰掛けて待つこと5分ほどでしょうか?東京によくありがちな真っ黒スープに薄くスライスされた肉がてんこ盛りの状態で登場こりゃまた塩っぱいんじゃないかと覚悟し...

石田屋やきそば店@宇都宮市

「焼きそば安藤」が伝説とされるのなら「宇都宮焼きそばの雄」とされ一番に名前が上がるお店はココ「石田屋焼きそば店」だそうです。白いのれんをくぐっていざ店内へ食べログでは時々行列もあるような前情報でしたが、15:00頃の訪問にて先客ゼロしかしココも先ほどの安藤と同様、ずっと鉄板で焼きそばが作られ続けていました。そして驚くのはひっきりなしに鳴る電話ほとんどが持ち帰りの注文のようで宇都宮っ子にとっては焼きそば...

磯貝@福岡市中央区

かれこれ15~6年前になるでしょうか・・?磯貝がまだ藤崎の店舗だけだった頃によく行ってました。L字のカウンターと小上がり1席だけの狭い店内がいつもギュウギュウで活気あるろばた焼きの名店に遠方より友来たりて「旨い玄海灘の魚ば食べさせちゃる」と自信をもって連れて行くのはこの藤崎の磯貝でした。その名店:磯貝も天神のド真ん中に店舗を構え、相変わらず繁盛しているようです。そんな天神店を始めて訪問とりビーと店長...