まるや本店@名古屋市

問題:「鹿児島と愛知で日本の2トップを占める産業とは何でしょう・・」   ・・・   ・・・・   ・・・・・正解は第1位:鹿児島県(7.184トン)、第2位:愛知県(4.081トン)、第3位:宮崎県(3.111トン)・・・ということで「鰻養殖生産量」でした~。ということで引き続き名古屋での{う~}な話。近年、シラスうなぎの減少が鹿児島でも深刻な話題となっています。その煽りを受けた形で出荷先の都心部の鰻がえらい...

コンパル@名古屋市

更新が大分遅れていました~。その理由もズバリ、なんと8月の名古屋・岐阜訪問から間髪入れずの・・・「ザ・名古屋出張」。これまでホント名古屋に縁のない人生だったにも係わらず、この短期間に2回も訪れることになるとは・・。到着したのが午後3時、移動に疲れたとはいえとりあえずお腹に食べ物を入れなくちゃね・・。地下街をグルグル廻ってやって来たのはその名も知れたS22年創業、名古屋独自の喫茶文化を牽引してきた「コ...

しず子そば@鹿屋市

鹿児島県の右側、大隅半島の中心都市ではありますが・・・「はっきり言いまして夜の繁華街は寒いッス。」呑み屋街の通りも閑古鳥が鳴いています。日本経済が上向きなることを切に切に願っている地方都市の現状そんな鹿屋市の呑み屋街の一角にある知る人ぞ知る、夜営業のみのお蕎麦屋さんをご紹介。3個の赤提灯がなんとも寂しく映る通りにひっそり佇む純手打ち蕎麦のお店「しず子」。うどん優位の九州にあって独自の蕎麦文化を育ん...

古宮庵@鹿児島市

先日、九州ローカルの某深夜番組で紹介された食べ物がとっても美味しそうでして・・。どうしても食べてみたくてついつい行ってしまいましたがよ~。鹿児島で局地的なブームとなっているその食べモノとはズバリ・・・「黒豚わっぜえか丼」。鹿児島弁で「すごい」や「とっても」を意味する「わっぜえか」、「わっぜえか丼」とはすなわち「鹿児島の旨い丼」ということで市内の加盟店が和洋中を問わず独自の丼メニューを提供する言わば...

こだいこ@熊本市

「肥後の国・熊本の夜。」繁華街で〆ラーに行くとなればまず思いつくのが「天外天」。ここはご存知ニンニクパウダーたっぷりの豚骨ラーメン。他に豚骨以外となると、天草大王を使った塩ラーメンで赤丸急上昇中の「マルイチ食堂」や煮干し系スッキリ醤油ラーメンの「にぼらや」といったところでしょうか・・。では純粋に昔からある「熊本ラーメン」を食べるとなると、さてどこに行くか・・・。「元祖熊本ラーメン こだいこ」でしょ...

娘娘(にゃんにゃん)@久留米市

あ~、また九州に戻って来たぜ・・・。ということでぶらり途中下車の旅。今回立ち寄ったの九州新幹線開通に伴いリニューアルされたココ。久留米と言えばそう・・「ラーメン・餃子・焼き鳥で有名なB級グルメの街」「小っちゃな頃から悪ガキで~15で不良と呼ばれたよ~」さすが久留米が生んだスーパースター「松田聖子」と「チェッカーズ」の歌がず~と駅構内に響き渡っているのにはオドロイタ。思わず口ずさんでしもうたやないかい...

そば処 竹生(2)@羽田空港

「東京の最後を〆るハズだったのに・・・・・。」旨い昼飯を食べてから羽田に向かう予定でした、ハイ。なかなか効率よく食べ歩きをすることって難しいです。お江戸最終日に向かった先は東京駅・八重洲口から歩いてスグの日本橋。そう海鮮丼の1本勝負で有名なこのお店で〆る予定だったのです。何とな~く予測はしていたんですケドね・・・。「そう、まさかの大行列。」ざっと目測で30人強と言ったところでしょうか・・。東京ですか...

味坊@神田

「神田での〆呑み。」香菜たっぷり~、ちょっとクセがある羊肉などガード下の中国東北料理のお店と言えばココでしょ~。「味坊(アジボウ)」安価な自然派ワインをたらふく呑める中華料理店としても有名です。場所は神田駅北口からガード下に沿って歩けばスグ。まずは1階の店内が丸見えの外観からしてやや異国のムードが漂っているので比較的スグにわかるかと・・・。「店内はさらに異国ですけどね・・」リトルチャイナと言います...