金ちゃんラーメン@佐世保市

「モチロンもう一つのオススメという品も当然頂く訳ですが何か・・・。」佐世保まで来て博多ラーメンというのもちょっとね~とは思うものの旨いと聞けば食べないワケにはいかないっしょ。博多屋台屋「金ちゃんラーメン」。何でもあの警固の「秀ちゃんラーメン」と深~い関係があるお店なんだとか・・・。っつうことはアレですかね、例の「鉄の羽釜で20時間以上炊き上げた・・・・濃厚豚骨スープ」ってヤツ。佐世保のお店にしては珍...

颯天@佐世保市

「佐世保の夜の繁華街でラーメン食べるならどこがオススメ」地元に住んでるMy情報源にリサーチしたところ「あっさり非トンコツ」と「豚骨」とどっちがいいですかー、だって・・・。そろそろメタボおやじにとっては豚骨ラーメンを自重しないとイケない齢だしな~ということで珍しく理性が勝ってアッサリ非豚骨とやらを選択。教えられたお店へと歩を進めること数分・・・。電話主にオススメされたお店「颯天(そうま)」へ到着。何だ...

雲龍亭@佐世保市

「港町・佐世保に到着~。」鳥栖から特急列車で1時間半の長旅に疲れた~。繁華街に方に向かってとりあえずどこかでビールでも飲まないと始まらない・・。チェックインしてスグに呑み屋街を散策。佐世保の街も久しぶりやんね~。いつの間にか「ささいずみ」が新しくなっとぉ~。確か前回お昼にここで名物の「活きイカ姿造り」を食べたのもかれこれ2年以上前のお話。あのイカ旨かったな~。今日は一人飯ということで残念ながらイカ...

中央軒@鳥栖市

「西へ移動~。」九州新幹線で佐賀県の新鳥栖駅で在来線に乗り換え。鳥栖駅に立ち寄ったなら例えお腹が減ってなくても例のアレを頂かないとねっ。そう、鳥栖駅名物のアレですよ。モチロン、鳥栖駅と言えば「中央軒」。昭和31年(1956年)に、九州で初めて“立ち食いうどん”の営業を始めたお店なのです。地元ローカルでは鳥栖駅に寄ればこの中央軒でうどんを食べることはもはや「当たり前」の日常的なこと。そして中央軒と言えば・...

餃子の司@大分市

「まだまだ続く大分の夜~。」たらふく牛カツ食べてお腹も満たされた後ではありますが、このまま宿に戻るのもアレだしちょっとどこかで一杯ひっかけて・・・。どこかにいい店ないかな~と夜の街を徘徊。呑んべぇの直感レダーアンテナにひっかかりそうなお店はどこいづこ。「目的地ロックオン。」ビール+餃子=今のシチュエーションにぴったんこ。カウンターに空席もありそうだしここは迷わず突撃~。これがね~結果的には大正解だ...

カツトミ@大分市

今日の晩御飯はガッツリと揚げ物気分。周りにメタボと言われようが何と言われ様が好きなものは好きなのだ~。大分市の中心部でハイパーカロりーを摂取したい時の「My揚げ物2大巨頭」。個人的にはココのチキンかつも捨てがたいんだけど、気分は何故か鳥さんではなく牛さんに傾き・・・、向かうは大分県民に絶大な支持を得るトキハデパート方面へ・・・。とんかつの「カツトミ」。トキハデパートのすぐ裏手にあります。大分・トンカ...

おめでたい@大分市

ピピピッ・・・、「大分風味の醤油豚骨ラーメンとは何ぞや・・・。」駅ビル改築真っ只中のJR大分駅を出て左に歩くとスグにそのお店はあります。何でも大分では有名な「一骨家」や「虎の家」と言ったいわゆる「ド豚骨ラーメン」をウリにするお店の系列店なんだって・・・。醤油豚骨ってもしかして横浜の家系ラーメンの大分版ということ。外まで聞こえるような大音量でかかる音楽と九州ならではの豚骨臭に誘いこまれるようにいざ入...

モスバーガー@鹿児島県

「モスバーガーの期間限定メニューを食べに行ってきたー。」モスとミスドのコラボプロジェクト第3弾。「なんと、モスがおなじみミスドのフレンチクルーラーを作っちゃいました。」だって・・。期間限定商品「モスのフレンチクルーラー ぐるぐるチョリソ」(お値段¥390ナリ)。え~と能書きによりますと<ぐるんぐるんのチョリソソーセージに、チポトレやカイエンペッパーなど、各種スパイスをブレンドした深みのあるホットチリ...

光華園@垂水市

鹿児島は桜島のお膝元、垂水市にある人気の中華料理屋さん。垂水市で中華と言えば地元の人はほぼ間違いなくココの名前を挙げるくらいの局地的有名店なのね~。場所は垂水中央病院の正面。すぐ近くには知る人ぞ知る有名なラのお店もありますよ。だけど、この中華料理「光華園」さん、以前はもっと小さなお店だったのにいつの間にやら立派な佇まいへと新築されました。それだけ長い間、地元の人たちに愛され続けた証拠というコトなの...