はせくら@仙台市

結果から先に述べてしまいますが・・・。JRに乗って感激の朝ラーを頂いた続きの昼の話なんだけど・・、「仙台食べ歩きのクライマックスに辿りついてしまつたー。」そこに向かうために仙台駅前からバスに乗り~の。別に食べ過ぎ・飲み過ぎで体調を崩した訳ではございません。バスを降りた目的地はと言うと・・・、「東北きっての最高学府」。威圧感と言うか重厚な要塞のような格式高い存在感はさすがですねー。しかーし私の目的は...

伊藤商店@仙台市

国分町の結構立派なホテルステイだったので朝飯もついていたんですけどね・・・・。何やら仙台で「朝ラー」なる異文化が存在すると聞きつけまして、それが食べログでも驚異の3.54というパフォーマンスを奏でているとなればホテルの朝飯なんか食べてる場合じゃないよね・・・(なんて自分に言い聞かせながら)、「朝から仙山線に乗ってまでどこに行くんすかー。」JRに揺られること20分少々、途中の山中で東北福祉大学(大学野球で...

八仙@仙台市

竹竹(チクチク)で予想外()に旨かった麻婆焼きそばを食べた後、テクテクとホテルのある国分町へ。もうアーケードもクリスマス仕様の仙台市内。それにしても九州に比べるとやっぱ寒い・・。このまま帰っても後はただ寝るだけだし・・・、もう一軒ひっかけて帰るとしますかな。「おっと何やら場末感漂う横丁を発見。」いーね~、どことなく昭和の匂いをプンプン感じる空気がス・テ・キ。どっか良さそうなお店はと・・・、「餃子、...

中国めしや 竹竹@仙台市

「確かこの店、県民ショーに出とったんよね・・・。」モチロンお目当ては、何でも仙台で局地的ブームとなった宮城県民(仙台市民)の秘密のごちそうとして紹介された「麻婆焼きそば」なるものを食べてみたくて五橋ってところまでやって来たー。場所は仙台中央警察署のスグ近く、仙台駅からも歩いて楽勝。「おほっ、店内ほぼ満席でプチ行列」。」店内は若者中心の客層、大学生らしき男性客グループやカップルがほとんど。後で調べた...

北辰鮨@仙台市

さて久しぶりの出張が来た~。今回の目的地は・・・、さて。それは「杜の都・仙台」、ではいざ独眼竜・伊達正宗公の元に参る。ってなコトでピューンと飛行機にのって、空港アクセス線の電車にゆられやって来ました仙台駅。久しぶりやな~。確か前に来たのが盛岡に行くときに仙台から東北新幹線に乗った時だから・・・、およそ12~3年前。お久しぶりです。確か、あの時は仙台駅ビル内で「伊達の牛タン」を喰ったような・・・。久し...

新生飯店@福岡市中央区

天神で働くサラリーマンの御用達。旨い・早い・安いの上にがっつりボリューミーと四拍子揃ったランチ。「福岡・皿うどんシリーズ第8弾行きマッセ~。」地下鉄天神駅の真上、福ビルの裏って言うかこのジュンク堂とスタバが入ったビルの横を奥にススム。すると連日若者を中心に大盛況の激安ラーメン店がありますがそこを更に進むと突き当り左手にあるのが・・、「新生飯店」。多分、この近所で働くリーマンなら大体知っているであろ...

因幡うどん@福岡市中央区

「あーーー前の日酒呑みすぎた・・・・。」気持ち悪~。もうこの年齢になったらホドホドに呑まんといかんのにね~。懲りない中年オヤジです。ここは福岡・天神、ならばこんな朝はココに駆け込むしかあるまい。そうあの優~しか食べモンで荒れた胃粘膜を保護せんとね・・・。向かう先は天神の超ド真ん中三越や西鉄福岡駅に直結するソラリアステージの地下2階にある飲食店街。福岡の柔~いうどんの代表格としても名高い昭和26年創業...

珈琲の夢屋@都城市

最近どうもラーメン記事ばかりだったので・・・・・、今回は宮崎県・都城市でも1・2を争うという噂のチキン南蛮の人気店に行って来たー。「珈琲の夢屋」。地元じゃ焙煎珈琲で有名ないわゆる=喫茶店なんだけど、特に若者を中心にここのチキン南蛮が人気なんだって。タルタル好きーのマイ・アンテナに情報キャッチ。カウンターで自慢の珈琲を嗜む常連さん。窓際の日当たりの良いスペースに4人テーブルが5~6卓と結構広~い。こ...

光華炎@曽於市

なんだか最近、やけにラーメンのお店が続いているような気がしますが・・・・。「それでもやっぱり麺類が好きなんだからしょうがないのだぁ~。」ということで懲りることなく今日は鹿児島と宮崎の県境にあるちょっと変わった担担麺のお店をご紹介。住宅地にポツンと現れるこの怪しげな黒い外壁のお店の名は「光華炎」。読んで字のごとく光り輝く華やかな炎、という一見すごいネーミングのお店なんだけどこのあたりじゃ結構有名なお...