中華のサカイ 本店@京都市

「ついに念願成就。日本一と呼び声の高いあの中華サカイの冷麺
中華のサカイ0S

積年の宿題だった京都は中華のサカイの冷麺。この夏ついにミッション イズ コンプリート
中華のサカイ1S
その一杯に出会うためだけにやってきた北大路。実はこの駅で下りるのって確か人生で2回目
中華のサカイ2S
この辺りに来ると軒が連なった京都ならではの街並みも多く、散策しているだけでもどことなく味わい深いのですよ
中華のサカイ3S
北大路から15分ほど歩いてやっと目的の新大宮商店街に入る。この先にいつか行ければいいのにな~と永年の憧れだったあのお店がきっとある・・・ハズ
中華のサカイ4S
イエス新大宮 中華のサカイ 本店
待ちに待ったこの瞬間日本一と噂されるここの冷麺を食べるチャンスをどれほど心待ちにしてたコトか・・・。ソノネガイツヨケレバイツカキットカナウナリ・・・ついに念願成就なり
中華のサカイ15S
もちろんこの品を頂くためにはるばる九州からやって来たとバイ
中華のサカイ5S
店内はこんな感じ。観光客相手というよりはかなり地元密着型のお店ですねー。一人、また一人とコンスタントにご近所のお客さんが入ってくる感じ。冷麺一本かと思ったら全然そうじゃなくって皆さん思い思いに好きな中華のおかずで定食を食べてるみたい
中華のサカイ7S
メニューはコチラ。サカイと言えば冷麺が超有名なんだけど大衆中華料理のメニューはひと通り揃っているみたいねー。冷麺部門で同じ宿題店だった神戸の宝楽じゃほとんどのお客さんが名物の冷麺を食べてたのに比べて、こちらのサカイでは冷麺以外のメニューだって結構人気あるみたいよ。もちろんオーダーは冷麺(焼豚入り¥720)。ちなみに大盛りってのも出来るみたいでそうなるとお値段ナント¥1150。うーんいきなり¥400以上もアップとなるとちょっとね~と思い悩んだ挙句留まったんだけど、これが結果的に大失敗。後々チョー後悔するハメになるとはこの時思い知る由も無し・・・
中華のサカイ6S
昭和14年創業の人気店は当然と言えば当然だけど壁にビッシリと有名人のサインを飾る系
中華のサカイ8S
卓上にはソース・酢・醤油に辣油。待つこと5分と少々、ついに日本一という噂のサカイの冷麺とご対麺
中華のサカイ9S
ボリューム少なっ・・・・。」
隠しきれない率直な第一印象。連食する時には逆に有難いのかも知れないケド、永年楽しみにして妄想だけを膨らませていただけに一気にテンションが急降下した感じー。まあ勝手に期待してリサーチ不足で大盛りを頼まなかった自分が悪いと言えばそれまでだけど・・・。シンプルというか潔過ぎというか具材は柵状の焼豚以外はキューリと海苔のみ。肝心のお味の方は・・・
中華のサカイ10S
これがまた悔しいかな実にマイウー。」
冷やし中華にしては珍しく太くてコシのある飴色チックなストレートの麺なんだけど、この麺が何とも独特なゴムの様な弾力の食感というかモチモチして凄く美味しーい。少し酸味のある黄色いタレが甘過ぎず酸っぱすぎず、ほんのり和辛子のカラミみもありながらのマヨネーズの円やかさもあり・・・確かに絶妙な塩梅とはまさにこのコト
中華のサカイ11S
麺とタレがこれだけ旨ければ確かに余分な具材はどうでもいいって感じなのかも知れないけど、シャキシャキした歯ごたえのキューリとほのかな香り付けの海苔くらいで十分と言えば十分。麺とタレが主役となったこのシンプルさが長きに渡り支持されるロングセラーの秘訣なのかも知れないねー
中華のサカイ12S
すみません、替え玉ってありますか(←心の底からの叫び)」
隣りのお兄ちゃんもオムライスと中華そばみたいな組み合わせで食べてたし、男性ならこの冷麺も他のご飯系と一緒に食べてボリューム的にはちょうどイイ感じ。ってことで今回最大の反省点だったのは、
冷麺単品で食べるなら¥1000払ってでも絶対大盛りを頼むべし。」
この日満たされなかった心とお腹の隙間は帰ってからでも通販のお取り寄せで満たすことにしよ
関西きっての人気冷麺「神戸の宝楽」と「京都のサカイ」。細麺と太麺の違いはあるにせよどちらも甲乙付けがたし。実際食べてみて麺のサカイvs具の宝楽って感じだったけどタレの味が意外に少し似た感じだったような気がするのは同じ関西だから・・・それとも気のせい
中華のサカイ13S
(☆☆☆★ 3.5 確かに美味しいんだけど何せボリュームが・・・ 食べログ
                    ・
                    ・
                    ・
中華のサカイ14S
今年も暑い夏を迎え、今頃は京都も祇園さんで盛り上がってるんでしょうね

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント