中華そば 萬福(京都駅前店)@京都市

「京都ラス麺は伏見に始まり創業37年の昔ながらの京都ラーメン
萬福0S

短かった京都滞在のラス麺。手っ取り早く駅ビルの京都拉麺小路ってのも考えたんだけどあまりピンと来るお店がなくてスルー。どうせなら駅チカで京都らしいラーメンでも・・・と思って検索した結果、ヒットしたのがコチラのお店
萬福1S
中華そば 萬福(京都駅前店)」。
京都駅からみるといつも大行列のメジャーな2軒とはちょうど反対側。本店は伏見の方にあるようでコチラはその京都駅前の支店になるのかな創業1980年、メディアにも取り上げられるような京都ラーメンのお店
萬福2S
お店はずらっと並んだL字の白カウンター席で中途半端な時間帯(PM3時くらい)に行ったせいか先客は御一人様が只今食事中
萬福3S
メニューはコチラ。基本となるラーメンは醤油と味噌の2種類。サイドの焼き豚もオススメらしい
萬福4S
機械切りのスライスされたチャーシューがたくさん入ったチャーシュー麺に対し特製になると手切りの厚切りとろチャーシューと野菜が多めに入るんだってー。まあそれは次回と言うことで・・・・、
萬福5S
京都駅・萬福のしょうゆラーメン(並¥700)」
京都のしょう油ラーメンの特徴でしょうかこちらの萬福さんもスライスされたチャーシューとネギがデフォのラーメンにもかかわらず結構ドッサリ入ってますよん。(ネギの下には湯通ししたシャキシャキのもやしも入ってマス
萬福7S
スープは他店のように背脂が入っていない分、醤油のキレをダイレクトに感じるようなスープで獣系は陰に隠れた感じでホドホドに。アッサリしてるんだけどしっかりコクもある、この道真っ直ぐって感じの雑味のないストレートなスープ
萬福8S
やや甘辛いスープなんだけど、もっとパンチを効かしたければ卓上の唐辛子や辛味噌をお好みで入れるとOK。唐辛子の方だけ入れてみたら獣系の甘さが抑えられてさらにスープのキレが増した感じ
萬福6S
麺は少し黄色がかったストレートの中細麺。数少ない経験値から言うと京都のしょう油ラーメンって大体こんな感じのストレートの中細めんが多いなーってイメージなんだけど、この位の太さとコシのある食感が醤油ベースのスープにジャストフィットってことなんでしょうね~。最後までなかなかなくならないチャーシューのスライスとネギと一緒に並サイズとはいえボリュームも十分でした
萬福9S
キレのある昔ながらの京都醤油ラーメンに大満足。」
流行り廃りもありながら結局はこういうシンプルなラーメンが永く愛されるのかも・・・
萬福10S
もちろん関西出張のお土産はコチラの豚まん
(☆☆☆★ 3.5 食べログ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント