たこ坊@佐世保市

「佐世保・たこ坊にてフラリひとり酒。満足度高くて超オススメ
たこ坊0S

またまたの長崎・佐世保。ちょうど佐世保公園で大音響の野外フェスみたいな催しがあってて緊急避難的にお近くのコチラへ・・・。場所はアルバカーキ橋のスグ近く、激旨アンガス牛ステーキのミシェル ブラウンのすぐ近くやね
たこ坊1S
季節串料理・くわ焼きの「たこ坊」。ってもしかしてあの大阪名物のくわ焼きのことなんだったら本家・大阪はなんばのたこ政や創作系の鉄板神社などの名店探訪に続き佐世保でも行っとかなアカンでしょ~って軽いノリで予定外のフラりひとり酒
たこ坊2SSS
開店直後のお店に入った時にはまだ2組くらいしか入っていなかったお客さんもその後1組、また1組とやって来てあれよあれよと言う間に御覧の有様。ココ佐世保のたこ坊も地元で結構人気のあるお店だったみたいですねー
たこ坊3SS
ちゃんとしたメニュー表みたいなのがなくてカウンター上にぶら下がったこの短冊がメニュー。こういうのもなかなか味があってイイじゃない。美味しそうなメニューからいくつかセレクトしてお店の大将にオーダー
たこ坊4S
まずはくわ焼きのお店ならコレは外せないでしょってコトでスタートは「アナゴの白焼き」。アナゴはたっぷりの白葱と一緒に甘い九州醤油とワサビと食べるんだってー
たこ坊5S
うんうん、イイ感じに旨いッス。」
見た目から予想通りの焼きウナギ。ワサビ醤油と結構合うし、ビールのアテにも丁度イイ
たこ坊6S
名物の1つらしい「豚のカラシ焼き」。辛子のツンと鼻に抜ける刺激が心地良ーい大人のツマミ
たこ坊7S
貝柱焼き」。肉厚なホタテの貝柱は弾力もあって旨し。焼き加減もバッチリじゃん
たこ坊8S
これはお客さん全員に出されたサービスのスープ(謎)。ちょっと甘いこの真っ黒なスープの正体は実はタマネギなんだって~。カウンター越しに大将と少しお話したところやっぱり若かりし日に大阪ミナミ(たこ梅)で修行されてたそうな・・・。この大将が繰り出す臭いジョークも佐世保・たこ坊の味の1つということで・・・、まだまだ喰うで~
たこ坊9S
アスパラ牛チーズにすり身のくわ焼きを追加発注。」
いや~、どれも美味しいしどのメニューを頼んでもハズレがないって感じ。この店のアットホームな雰囲気がつまみを美味しくする最後の調味料なんやろね~。たこ坊ウマウマ
たこ坊10S
最後はコチラも名物の「ピーマン肉詰め」。トロトロのハンバーグのタネのような肉味噌が入ったこちらのピーマン肉詰め。ヘタ側の方から上手に食べないと熱々の肉みそがこぼれちゃうから注意してねー
たこ坊11S
こんな感じでつまんで呑んで(生中ビールx2)お会計は¥3500ちょっと。ホント偶然フラッと一人で立ち寄った割に、お喋り好きの大将と賑やかなお店の雰囲気の中で呑んで喰って十分楽しませてもらいました。佐世保のたこ坊、再訪必至ですな
たこ坊12S
(☆☆☆★ 3.5 食べログ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント