らーめん砦@佐世保市

「貝白湯それはまるで貝のポタージュのような円やかなスープ
らーめん砦0S

某ログにて見事長崎県ラーメン部門第1位。やっとこの店に立ち寄ることが出来た
らーめん砦1S
場所は佐世保朝市のスグ目の前。このお店を語らずしてもはや佐世保のラーメンは語れないほどの超人気店「らーめん砦」。トンコツラーメンが主流の九州で豚骨、鶏ガラといった動物系の骨を使わずに数種類の貝と野菜からとったいわゆる「貝白湯スープ」で勝負するという変わり種の境地的存在ラ店
らーめん砦4SS
店内は7席くらいのカウンターに4人テーブルが1つと思ってた以上にかなりコンパクト。平日のPM2時過ぎとあって4人くらいのお客様が今まさにお食事中
らーめん砦3S
らーめん砦2S
壁に貼られたメニューがコチラ。なんやウニやら渡り蟹・オマール海老からはたまたレモングラスの入ったエスニック調まで店主さんの遊び心満載の創作メニューが全8種類。アレもコレも気になるところなんだけど、とりあえずは店名のついたデフォらしき「-とりで-(¥780)」をオーダー。某ログ長崎県第1位に君臨するその実力をしかと味わさせて頂きまひょ~
らーめん砦5S
卓上セットは柚子コショーにラー油ニンニクチップにギャバンのコショー。ニンニクチップだけ入れてみたけどコクと旨味が増してグーやったよ
らーめん砦6S
これが長崎のてっぺん、砦ラーメン。」
ちょっといびつな形をした小さ目のドンブリで登場。真っ白なスープの上にはベーコン、アオサ海苔、ワカメ、鰹節にネギ・焦がしネギとカイワレになんとマテ貝まじでラーメンのトッピングにあろうコトか大好物のあのマテ貝がオン
らーめん砦7S
何このスープめちゃ旨っ。」
白色のサラッとしたスープは一口目から予想以上に貝の旨味が全開。まるでアッサリした貝のポタージュのような味わいのスープにアオサ海苔やワカメも手伝って潮の香りが押し寄せてくるような・・・。動物系の骨を使わずにこのクリーミーさとここまでのコクを出すとはスゴいの一言
らーめん砦8S
この上品でとろけるような貝のエキスたっぷりのスープに泳ぐのはエッジの立った真っ白なストレートの細麺。つるつるとした滑らかな食感でスープとの絡みも良好。このスープと麺だけでも満足度十分だわ
らーめん砦9S
燻製にした2個のマテ貝以外にもスープの中からベビー帆立が3個出てきたりして貝スキーにとってはまさにパラダイスのような世界がドンブリの中に集約してるような、そんな超嬉しくなる砦のラーメン。いや、まじで旨すぎる。残ったスープが余りにももったいないからここは替え玉(¥120)でをするのもいいんだけど・・・
らーめん砦10S
〆のダンクライスを投入
らーめん砦11S
小さな茶碗半分ほどのご飯にたっぷりの粉チーズとバジルを加えてドンブリにダンクさせようって訳ねー(¥150)。ナイス・アイデア
らーめん砦12S
貝だし洋風おじやの出来上がり~。」
一石二鳥というか一粒で二度美味しいというか、スープを吸ったご飯は更に味が凝縮する感じでこれは絶対に注文すべし
らーめん砦13S
一滴たりとも残さず大満足。」
これまでにも数回貝出汁のラーメンって食べたことがあるけど、これほど完成度の高いモノは初めてかも。そのくらい極めて完成度の高い非トンコツの進化系に恐れ入りました。この貝白湯をベースに使った吟醸(渡り蟹入りオマール海老)や燻銀(スモークした魚粉)など他に気になるメニューばっかりなので時間がかかってもここは是非コンプリートしたいところ。ということで佐世保のらーめん砦、再訪は必至とさせて頂きましょう
らーめん砦14S
☆☆☆☆☆ 5.0 個人的嗜好にドンピシャ 食べログ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント