FC2ブログ

やきとりの名門 秋吉(池袋店)@池袋

「福井発・名門の焼き鳥はやっぱ旨かね~
秋吉0S

見つけてしまったからには仕方ない
秋吉1S
激ウマだった篠はらの醤油そば。その余韻に浸りながら西口界隈をブラブラしてると何やら見覚えのある赤い看板が・・・。これは春先に加賀百万石の金沢でフラれたあの名門じゃないか。確かあの時は満席御礼につき名門の扉をくぐることなく代わりに近くの串カツ屋で呑んだよな~
秋吉2S
約20年ぶりにとなる秋吉で久しぶりに「けい」と「しろ」で一杯やりますか~
秋吉3S
運良くちょうどお帰りになるお客さんと入れ替わるようにカウンターの片隅に潜り込んだものの店内はほぼ満席。九州には支店がなくて知らいない人も多いだろうけど福井でたった4坪のお店から始まったこの秋吉、北陸や関東・関西を中心に今じゃ全国に100店舗以上展開する一大焼き鳥チェーンなのよ~。何がこれだけ人気でどこのお店も客でいっぱいかっていうと「とにかく安くて旨い」。この一言に尽きる
秋吉4S
焼き鳥は基本5本シバリってのがあるにせよどれも1本あたり¥70~80円くらいなので超リーズナブル。だからとにかく焼き鳥をお腹いっっっぱい食べることが出来るのだ
秋吉5S
秋吉6S
サイドメニューはこんな感じ。焼き鳥と野菜系それにお酒さえあればおっちゃんは十分です
秋吉7S
秋吉オリジナルの肉タレとカラシ。肉タレはちょっと甘過ぎるので基本的にはカラシがオススメ
秋吉8S
それに卓上に置いてある一味唐辛子ニンニクなんば(右端)をフル活用して各々が美味しく、楽しく食べるのが秋吉スタイル。このニンニクなんば、文字通りニンニクと唐辛子が入った辛味噌みたいなモノでこれを甘い肉タレに混ぜてシロに付けて食べるとパンチが増してグッと旨くなるとよ
秋吉9S
純けい」(5本¥385)。
秋吉のフラッグシップメニューとも言える純けいはメスの親鶏を使用しているのでコリコリとした歯応えと中からジューと溢れ出る鶏の旨味がもう最高。一味唐辛子をふって黄色いカラシをベトッとつけて食べるのがオススメ
秋吉10S
しろ」(5本¥380)。
しろとは豚のホルモン(腸)のことなんだけど、ぐにゅぐにゅした独特な食感、それに秋吉のシロは内臓本来の臭みがない割に肉の味が濃いから結構好きなんよねー。ニンニクなんばをたっぷり入れた肉タレをつけてパクッぐにゅぐにゅ
秋吉11S
箸休めにトマトとキューリ。純けいトマトしろキューリこの無限のサイクルを繰り返しながらあとは酒を喉に流し込む
秋吉12S
本当は他にミノしんぞうも食べたいんだけどさすがにラーメン食べた後だし5本シバリってのが一人呑みには辛いトコロ。ま、でも久々の秋吉の雰囲気と焼き鳥が食べれただけでも大満足
秋吉13S
純けいサイコー」。
超・超久しぶりに食べたけどこのジューシーさにコリコリした食感、やっぱり秋吉の純けい最強。金沢での無念を池袋で取り戻したバイ
秋吉14S
結局、これだけ食べて生ビールx1とハイボールx1杯のチョイ呑みでお勘定は¥2200ほど。やっぱり安いよね~。九州にもどこか支店出してくれればいいのに・・・。秋吉大好き
秋吉15S
(☆☆☆☆ 4.0 やきとりも名門 秋吉 HP )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント