FC2ブログ

らーめん香月@南九州市川辺町

「知覧に行ったら昼はココ、川辺のアッサリらーめん
らーめん香月0S

所用のため特攻記念館のあるお茶と武家屋敷の街・知覧へ
らーめん香月1S
お昼になって何を食べるか悩む・・・。こんな時はタブレットの某ログ先生にお尋ね
らーめん香月2S
するとちょっと良さげなコチラ隣町の川辺町へと案内される
らーめん香月3S
らーめん香月(らーめん かげつ)」。
もともとは枕崎市にあったかつおらーめんの人気店がココ南九州市へと6年ほど前に移転されたそうな
らーめん香月16S
なにやら気合の入った店主さんとお見受けしてよろしいアルカ
らーめん香月4S
某ログ先生によりますとココの「川辺地鶏塩ラーメン」ってのが美味しいって話だったんだけどあれー、メニューにない。店員さんにお尋ねしたところ左上から2段目の「あっさりらーめん(¥680)」とやらがその地鶏ダシのラーメンだそうな。それと限定30食のお昼のお得ミニチャーシュー丼(なんとお値段たったの¥100)をもれなくポチッ
らーめん香月5S
運よくスグにカウンターの空席に案内されたものの、その後次々とお客さんが押し寄せあっと言う間に満席状態。結局、食べ終わってお店を出た時にはまだ3~4人がお店の外で待機中。行ったのが日曜の昼時ってのもあったんだろうけど地元でも人気のラーメン屋さんだったみたいよ
らーめん香月7S
他のお客さんに見習って入口横のセルフコーナーを物色
らーめん香月8S
ニンニク味噌、つぼ漬けと高菜をとって準備完了。卓上アイテムはこんな感じ
らーめん香月6S
改めてメニューをみるとあっさりらーめんは「鶏ガラ:豚骨を8対2の割合で地元・川辺の地鶏を使ったスープが主役の店長イチオシの一杯」とのコト。お店のイチオシをメニューの筆頭にあげないトコロに薩摩・鹿児島の古くからの豚骨への強い愛着が見え隠れするのは単なる気のせい
らーめん香月9S
川辺地鶏のアッサリらーめん」。
ドンブリの表面を飾るのはチャーシュー、ネギ、もやしに玉ねぎと煮卵とお店のロゴマーク付きの海苔が1枚。それに焦がしネギとゴマが入ってデフォルトにしては結構豪華。ドンブリ縁についた緑色の柚子コショーは途中で味変を楽しむためのアイテムなんだってー。まずはスープからひと口
らーめん香月10S
旨し」。
文字通りスープはアッサリ塩味の鶏ガラ醤油。トンコツ王国の鹿児島でよくぞこれほどの旨い鶏出汁のスープを作り上げたなーって印象。あっさりした飲みやすいスープに焦がしネギのアクセントがバッチリ。冗談抜きに毎日でも飲めそうなくらい、美味しいスープ
らーめん香月11S
麺は断面がスクエアでコシのあるやや黄色い中細ストレート麺を使用。いや、マジで旨いぞ
らーめん香月12S
しっかりと下味のついたチャーシューはホロホロって感じではないけど噛めば肉の旨味が十分に伝わってくるようなタイプのやつ。こういうタイプもメッチャ好きー
らーめん香月14S
地元・川辺の地鶏をダシに使ったラーメンですモン、煮卵だって完璧。これだけトッピングも豪華で¥680って採算的にはどうなんかいなー。失礼ながら予想をはるかに凌駕する地鶏らーめんの美味しさに思わず感服してまいそうやん
らーめん香月13S
お得なミニチャーシュー丼は絶対頼むべし」。
ちょっと濃い目に味付けされたほぐしチャーシューにネギとマヨネーズがかかったお昼限定のサイドメニュー。ラーメンがあっさりしてのもあるだろうけどハッキリ言ってコレ、「めちゃくちゃ旨い」です。っていうかこれがたったのワンコイン(¥100)とか絶対ありえん。まかないとかそういうレベルを遙かに超えとるよ
らーめん香月15S
大・大・大満足」。
少しラーメンのボリュームに欠けるトコロは置いといて、これまで南薩で食べたラーメンの中では個人的にナンバーワンかもしれん。アッサリ鶏ガラのラーメンにしっかり濃い目のチャーシュー丼、この組み合わせ最強。わざわざ回り道してでもまた寄りたいようなラーメン屋さんを見つけちゃったなーって感じ。だけど普通だと¥250するミニチャーシュー丼がたった¥100で食べられるお昼限定30食を狙って再訪できるのは果たしていつになることやら・・・。あっ、そう言えば旨すぎて柚子コショー使うの忘れとった・・・
らーめん香月S
(☆☆☆☆★ 4.5 食べログ )
          ・
          ・
          ・
らーめん香月17S
桜の季節になるとここも満開となってさぞかし綺麗なんでしょうね

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント