香蘭(2)@佐世保市

「佐世保・香蘭で今回は一番人気のちゃんぽん
香蘭0S

またまたの佐世保。この日の北部九州は堪らんごと寒い。こんな日は駅チカでさっさと温かいもの食べてホテルでゆっくり過ごそう。となれば目指すは駅でて右スグのろくてん通りただ一点
香蘭1S
今日はコッチの香蘭」。ご存知、オッチャンにとっては大好きな皿うどんの殿堂店の1つ激ウマの皿うどんはまた次の機会としてこんな寒い日はやっぱり汁モノのチャンポンで身体もココロも温まりたいしー。じつは最近数か月、閉店前のハズだったのに連発してフラれてたこのお店。不定休で21:00前までの営業のハズなんだけどどうも最近は19:30前に閉店しちゃうことも珍しくないみたいよー。この時間帯で2度フラレたおっちゃんはすぐさま向かいのもう1軒に駆け込むワケだけどね~。大善のカツ丼LOVE
香蘭2S
閉店前のラッシュアワー。だけど皿うどんもちゃんぽんも使う具材は同じだから提供までの時間はそれなりにスピーディー。駅隣接の食堂街、早い・安い・そしてメチャクチャ旨いの三拍子揃った名店ナリ
香蘭3S
やっぱり皿うどん・・・・・の誘惑に負けることなくオーダーは「長崎ちゃんぽん(¥750)」。ココ香蘭もお向かいの大善も基本的に値段は同じ¥750。ただお向かいさんの場合、カキ入りになると+¥100のオプション扱いになるのがちょっと残念なんよね~
香蘭4S
卓上アイテムはコチラ。長崎のちゃんぽん&皿うどんですモン、ソースは必須。およっ、昔から柚子コショーなんて置いてあったっけ
香蘭5S
ということであっと言う間に香蘭のちゃんぽんが完成~。出来立て、大量の湯気のためメガネが曇るクモる
香蘭6S
盛りも十分。中華鍋で短時間に一気に炒めて作るから野菜が最後まで熱々のシャッキシャキ
香蘭7S
小粒ながらもデフォルトで牡蠣が3~4個入った香蘭のちゃんぽん。スープは鶏ガラベースのアッサリスープに魚介の旨味と野菜の甘さが同居した円やかでとっても優しい味わい。どちらかと言うとお向かいの大善の方がスープ自体にパンチがあって牡蠣の旨味が強く出てる感じかな~
香蘭8S
他にイカやエビ、ちくわ、カマボコ、キャベツ、モヤシなどとにかく具だくさん
香蘭9S
少し甘くて優しいスープを吸ったちょっと太目のちゃんぽん麺は存在感バツグン。佐世保に来たらこのブリンブリンとした弾力の麺をたくさんの野菜と一緒にハフハフしながらしかとご堪能あれ~
香蘭10S
いろんな具材のエキスが複雑に絡み合ったスープだからついつい最後までレンゲに手が伸びる長崎のチャンポン。だけどやっぱりこのスープがさらに濃縮された皿うどんの方がおっちゃんは好きかなー。オイシイのは間違いないんだけどちゃんぽんならもう少しパンチの効いたお向かいさんの方がちょっと好みかも・・
香蘭11S
やっぱり香蘭は皿うどん イズ ナンバー1」。
香蘭12S
京都から戻ってきたらすぐさま佐世保とここまではいいとして、なんとこの翌日からはUターンして出向先は商人の街・大阪。だったら京都からそのまま行った方が絶対良かったやーん。サラリーマンの苦悩はまだまだ続くのであった・・・
(☆☆☆★ 3.5 食べログ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント