FC2ブログ

たちじゅう 園@大阪市阿倍野区

「ウナギとちゃうでー、太刀魚の蒲焼きでタチ重やねん
たち重 園0S

去年の夏に放送された黄金伝説行列のできる即日完売グルメBEST10 初夏」でU字工事も食べたあの太刀魚の蒲焼きを食べてキター
なんば駅S
梅田もうそうだし難波もしかり、始発駅のプラットフォームを見る度に「あー大阪に来たで~」と思ってしまうのはオッチャンだけでしょうかこの日の晩御飯は梅田で乗り換え東梅田経由の阿倍野下車歩いておよそ5分
たち重 園1S
たちじゅう 園。出張中の身でさすがに阿倍野で時間の読めない昼に行列に並ぶのは厳しいな~と思って夜の部での予約訪問。今もお昼時はあの行列が続いとんかいな~
たち重 園2S
お店は焼き場を囲むようにカウンターが7席と他にテーブル席が4つほど。週末に伺ったんだけど、席もいくつか空いてたし夜の部は比較的混雑はしてない様子でしたよー
たち重 園5S
たち重 園4S
たち重 園3S
夜メニューはこんな感じ。今回はオッサン二人ということで飲み放題の付いた「ポッキリコース皐月(¥5.000)」を予め事前予約してのプチ宴会。普通、呑み放題って言っても限られた酒種の中でといった決まりがあったりすることが多いんだけどコチラのお店は実に太っ腹でスバラシス
たち重 園6S
なんとこの地酒もすべて飲み放題」。
しかも¥5.000ポッキリコースは2時間半、店主さんアザースッ
たち重 園7S
まずは先付から。太刀魚の巻き寿司にいくらの醤油漬け、自家製練り七味のおかきに卵焼きなど。付き出しの旨い店にハズレなし。たちじゅう園もその例外に非ず
たち重 園8S
お刺身はブリ・アジ・ヨコワ
たち重 園9S
それに天然の真鯛、ヒラメ、フカ、タチウオ。フカ(=サメ)って恐る恐る食べてみたけど、全然臭みもなくてマイウー。昔、鹿児島・錦江湾で釣れたサメを勝手に自分たちで調理して食べたことがあるけど、ありゃ激マズで喰えたもんじゃなかったモンねー
たち重 園10S
続いてはタチウオと三元豚・きのこの小鍋。やっぱりこれからの季節は鍋でしょー。カツオと昆布で出汁をとった味噌仕立ての鍋で和歌山県有田箕島漁港から直送される刺身でもイケる新鮮なタチウオを豚肉と一緒に食べるなんて・・・、
たち重 園11S
太刀魚(タチウオ)旨まっ」。
途中でお店自家製の練り七味を少し加えることで風味が一層増して美味しさ倍増。タチウオの身もプリプリで脂もノリノリ
たち重 園12S
たち重 園13S
小鍋の次は揚げ物からフグとタチウオのから揚げ。この辺りから呑み放題コースを外れ獺祭にチェーンジ。フグで獺祭、獺祭でタチウオ、骨せんべいでも獺祭。だけどフグ以上にこのタチウオのから揚げが肉厚でマジで旨かったな~
たち重 園14S
コースの〆を飾るのはお昼のランチでも有名なたち重の小丼。小丼とはいえこれだけのコースの最後に出てくるには十分すぎるボリューム。もうイイ感じにお腹も膨れてるんだけど、鰻の蒲焼きのようなあの何とも香ばしい匂いがもう一度食欲を掻き立ててくるのよ~。何気に赤だしと香の物の旨かったりして・・・
たち重 園15S
ウナギよりもアッサリ、フワッフワ」。
ウナギともこれまた穴子ともまったく違うフックラした食感と淡泊な白身にあの蒲焼きの甘辛いタレが絡まって超旨いんでスケドー。ホント鰻よりも数段アッサリした味わいだから結構お腹一杯でお酒飲んだ後でもペロッといけるし・・。こりゃ~、昼間に行列になるのも分かるわな~
たち重 園16S
丼ぶりが半分ほど残ったところでカツオと昆布でとったお出汁を入れてお茶漬け感覚でサラッと〆ちゃいましょー。少し濃いめのタレがちょうど和風出汁で中和された感じになってサッパリしてるから何の抵抗もなく喉元を通り過ぎていくから〆としてもサイコー。マジでナンボでもイケそうやわ
たち重 園17S
最後はお口直しにリンゴのシャーベット
たち重 園18S
夜のたちじゅうも大・大・大満足」。
いや~もう喰った喰ったし飲みに呑んだ。コースも充実してたしそれと同等なくらい飲み放題も充実してて大満足。日本酒好きの和食スキーならこの¥5000ぽっきりコースがマジで超オススメ
たち重 園19S
ホンマえ~お店でっせー
いや、まじ思い出しただけでもまた食べたい・・・
ハルカスS
ハルカスついでに太刀重(たちじゅう)もどうぞ~
☆☆☆☆☆ 大満足の5.0 食べログ )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント