FC2ブログ

サバ6製麺所(靭公園前店)@大阪市西区

「只今破竹の勢いで増殖中大阪で話題のサバ醤油らーめん
サバ6製麺所0S

今年3月に大阪・福島に誕生したこだわりのサバラーメン。その人気は衰え知らずあっという間に既に府内に11店舗。この勢い、今後大阪を飛び越えどこまで広がるのか要注目
サバ6製麺所1S
その大阪で最も勢いのあるサバらーめんとやらを求めて散歩を兼ねてやってきたのは西区の靭公園前にあるコチラのサバ6。白と黒を基調にしたファサードでまだめっちゃキレイやんと思ってたらそれもそのはず9月にオープンしたまだ新しいお店ですもの~
サバ6製麺所2S
鯖に6のこのド派手な看板が目印
サバ6製麺所4S
清潔感のある明るいお店なので女性一人でも気軽に入れまっせ~
サバ6製麺所3S
基本となるラーメンはサバ醤油そば(¥700)中華そば(¥650)の2種類。あとはサバ寿司や焼きめし、天津飯などのご飯モノとのセットメニューがこんな感じ。あくまでサバ押し
サバ6製麺所5S
卓上アイテムはこんな感じで味変アイテムは一味唐辛子粉くらい。スープに対する自信の表れと理解してよろしいアルカ~
サバ6製麺所6S
これが今話題のサバ中華そば」。
ドンブリの上を飾るトッピングは白葱・カイワレ・メンマにうっすらピンク色したペラいロースのチャーシューが4枚ほど。スープは新福菜館バリの真っ黒クロスケ
サバ6製麺所7S
その味わいは見た目以上にアッサリ&スッキリ
鶏ガラと手羽からとったスープに鹿児島の甘露醤油や愛知の濃厚底引きたまり醤油などをブレンドしたオリジナル醤油とサバ節、サバ油を架け合わせたというちょっと独特な味わいのスープ。実際に飲んでみれば鯖節のクセを嫌味じゃない程度に残しつつも動物系と上手く合わせたな~って感じでなかなかグッド
サバ6製麺所8S
加水率低めの自家製の中太ストレート麺はモッチリした食感で少し短めな分、啜りやすい感じ。ちょっとクセのあるスープにも負けないくらい、麺の存在感もバッチリ
サバ6製麺所9S
低温調理したちょっとエロティックな見た目のチャーシューもペラペラに薄いだけあってサバ出汁のスープによう馴染んでますやん。白ネギのシャキシャキした食感がええアクセントになってはります。こりゃ、ちょっとクセになる要素もあって人気出るのも分かりますなー
サバ6製麺所10S
流行るだけにはワケがある」。
青魚の、それも鯖スキーにとってはハートを打ち抜かれそうな中華そば。既存の魚介系醤油ラーメンに比べると少しクセのあるスープだけどおっちゃんはコレめっちゃ好き。いやー、散歩がてら食べに来てヨカッター。隣のお客さんが食べてた真っ黒な焼きめしもスゲー旨そうやったし次、大阪来た時は梅田か京橋あたりのお店で是非ともご飯モノと一緒にまたサバらしてもらいますわ~
サバ6製麺所11S
(☆☆☆☆★ 4.5 サバ6製麺所HP 食べログ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント