越後一会 十郎@新潟市中央区

「今宵の宴は新潟駅チカで日本海の魚と旨い酒
十郎0S

今宵の宴は以前新潟に来た時に滅法気に入った五郎グループのコチラ
十郎1S
越後一会 十郎」。
新潟駅の万代口からも歩いて5分ほど。新潟で旨い魚を喰いたきゃ五郎系に行けばまずは間違いないない。ってか5年のうちに系列店が結構増えてるし・・・
十郎2SS
古町の五郎に比べるとやや大人びた空間のお店だけど、全然ワイワイやっても大丈夫。日本海の新鮮で旨い魚をあてに旨い日本酒飲んだら誰でもテンション上がるってモンでしょー
十郎3S
ここに来たら是非とものど黒を入れた名物の刺盛りはマストなのだ
十郎4S
他にグランドメニューもあるけど刺身と旬のイチオシだけで十分なつまみになる。せっかく新潟に来たのに敢えてフツーの居酒屋メニュー食べる必要もアルマーニ
十郎5S
お通しが旨い店にハズレなし。全国共通の鉄則はココ新潟も例外に非ず。ビールじゃなくて酒に合う突出しなのもポイント
十郎6S
十郎名物、階段状になった刺盛りがコレ」。
今時のインスタ映えするってヤツですがシロートなもんで御免なさい。写真は8種(2人前)でのど黒の炙りに寒ブリ・南蛮海老・メジマグロ・サワラ・〆サバなどなど。すべて近海モノでどれも美味しいんだけど中でもベスト1だったのは「 寒ブリ」。脂のノリ・身の締まりともに最高やった
十郎7S
ハタハタの一夜干し焼き」(1尾¥580
同じ日本海に面した東北・秋田の県魚としても有名な冬の味覚「鰰(ハタハタ)」。ちょっと独特なクセのある白身魚なんだけどこれがまたメチャクチャ酒の肴になるのよ~。残念ながらちょっと小型だったけど腹にプチプチした卵をびっちり抱えたメスなんかサイコーだもんね。あー、いつか本場の秋田に行ってみたい・・・
十郎8S
鮭の白子の味噌漬け」(¥480)
これも完全なる酒の肴。味はまったく違うけどカラスミのような位置づけになるのかなチーズのような食感にして味は濃厚。日本酒や焼酎のアテにぴったりんこ
十郎9S
〆は勿論「ノドグロの塩焼き」。写真だとちょっと分かりずらいけど2人で食べきれるくらいの大きさで1尾¥3000ほど。日本海のしかも新潟に来たとなればやっぱノドグロは外せないっしょ~。ノドグロは当然のこと日本酒も旨いしやっぱり新潟サイコーやな~。ここ十郎はと言うと落ち着いた雰囲気で旨い肴をテキトーにつまみながら酒を呑むのにはいいけど少し品数が少な目かなもっとワイワイしながらいろんなモノをしっかり食べるなら店の雰囲気も含めて断然五郎の方がオススメかな・・。ま、どちらのお店にしても魚と酒が旨いのは同じなんだけどね~
十郎10S
(☆☆☆★ 3.5 越後一会 十郎 イデアルグループHP )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント