FC2ブログ

三吉屋@新潟市中央区

「新潟あっさり系のレジェンド三吉屋の中華そば
三吉屋0S

永く続くにはワケがある
三吉屋1S
もはや新潟の伝説とも言われるアッサリ系の代表格「三吉屋」。昭和32年に先代が創業。現在は三兄弟がそれぞれ「本店」「信濃町店」「駅南けやき通り店」を切り盛りしているそうで今回は西堀の三越近くのあるコチラの本店にお邪魔
三吉屋12S
確か5年前に新潟に来た時はわざわざレンタカーを借りて燕三条・背脂極太ラーメンの総本山に行ってあのうどんのような幅広ごっつ麺に面食らい、同じ西堀の青島食堂で真っ黒スープの長岡・生姜醤油ラーメンを堪能したのよね~。新潟5大ラーメンの残すところ①あっさり醤油ラーメン巻のスープ割り付き濃厚みそラーメン三条のカレーラーメンの中から原点回帰ということで今回は渋いこの三吉屋ののれんをくぐーる
三吉屋2S
ザ・昭和」。
混雑時には相席必至のテーブル席が5卓ほど。入れ代わりに出て行ったおっちゃんやこの後に入って来た小さな子どもを連れた家族組のお客さんをみると昔からの常連客に支えられたお店って感じでどこかノスタルジック&和やかな雰囲気でベリーグッド
三吉屋3S
正面壁に掲げられたメニューがコチラ。どっかのブログで三吉屋は「本店では王道の中華そば、信濃町店ではタンメン、そして駅南けやき通り店ではもやしそばを食べるべし」ってあったのを参考にここはデフォとなる「中華そば(¥600)」をオーダー。ワンタンってのもめっちゃ気になる・・・
三吉屋4S
とある地元情報誌で新潟の定番編で大賞に選ばれたみたい
三吉屋5S
卓上のアイテムはコショーのみ。伝統ある定番ラーメンに味変なんて失礼な
三吉屋6S
これぞ新潟あっさり系の定番中の定番」。
トンコツ清湯の半透明な飴色のスープに白葱シナチク・チャーシューと中央に最近では珍しくなったナルトが1つ
三吉屋7S
ゲンコツや背ガラに玉ねぎ、豚肉、煮干しなどをじっくりと煮込んで出来たスープに醤油ダレを加えた三吉屋のスープ。トンコツや煮干しや醤油などどれか1つが突出してるんじゃなくて、それぞれが主張し合わない程度にいいバランスを保っているような、そんな感じのアッサリ系でありながらもどこか奥深い味わいの淡麗スープ
三吉屋8S
そのどこか懐かしい味わいのスープに加水率高めの細縮れ麺。この麺も啜りやすくてスープとの絡みもバッチリなんだけど、麺自体も決して突出したイメージはなくてあくまでスープとのバランス重視。確かにアッサリしていてとても美味しいんだけど、単にアッサリなだけじゃなくシンプルでありながらかなり奥深い
三吉屋9S
そのバランス感覚はトッピングにも表れていてメンマの味付けも必要最低限だしチャーシューは脂身の少ないモモ肉を使用。噛めば旨味がジワーと拡がるタイプで昨今のトロトロ・ホロリとは一線を画すモノ。伝統ある老舗は時代を前に決してブレない
三吉屋10S
最後まで飲み干せる伝統の一杯」。
アッサリしつつも決して軽いワケではない王道の醤油ラーメンといったトコロ。こりゃー確かに呑んだ後にはサイコーやろな~。となるとこの西堀の本店は夕方19時までの営業なので今度は駅南のけやき通り店で一次会の後に名物のもやしそばってところかな~。最近はどうも年齢とったせいか、どうしてもこういう系統のラーメンが心に染みてくるのよー。いやー、ホント美味しゅうございました
三吉屋11S
(☆☆☆☆★ 4.5 食べログ )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント