FC2ブログ

ミートソースさとう@新潟市中央区

「これってもしかしてあの阿佐ヶ谷のお店のインスパイア
ミートソース佐藤0S

新潟の食べ歩き備忘録も残すところあと少し・・・
新潟駅S
今回伺ったのは新潟にあるミートソースパスタの専門店。ソースが切れ次第閉店だからね
ミートソース佐藤1S
ミートソースさとう」。場所は新潟駅の近く、越後一会 十郎のスグ先
ミートソース佐藤2S
ミートソース1本だけじゃなく最近カルボも始めたそうです
ミートソース佐藤4S
夕方は日没前の時間帯に行ったなんだけどさっぽり小奇麗な店内には先客ゼロ。まだ晩御飯にはちょっと早めかも知れないけどう~ん、はて大丈夫か・・・
ミートソース佐藤3S
カルボ始めたとは言ってもやはり主力はミートソース。麺の種類は2種類。平打ち麺or丸麺で130g~250gのボリュームの中から選ぶシステム。晩御飯に肉を食べに行く前のアイドリングだったので150gの自家製平打麺(¥880)をチョイス
ミートソース佐藤5S
ミートソースパスタ専門店といえば阿佐ヶ谷パールセンターのミート屋で既に経験値が上がってるからね~。基準があのオサレで激ウマだったミートパスタってことになるとオッチャンの採点もちょと辛口になるかもよん
ミートソース佐藤6S
まずはサラダが登場。この辺りもミート屋と一緒。ただ見た目もそうだしドレシングも至ってフツーでこれってターゲットと思われる女子的にはどうなんでしょね~
ミートソース佐藤7S
本命登場、新潟・さとうのミートパスタ」。
やはり阿佐ヶ谷系のインスパ系というコトで間違いないアルカ。純白のデッカイお皿にきしめんのようなフィットチーネ系自家製パスタと生クリームonほぼデミグラスじゃんと思えるようなミートソースならそれは間違いなく・・・
ミートソース佐藤8S
実に惜しい・・・」。
扁平な断面ながらリングイネのごたる歯ごたえを残した阿佐ヶ谷に対しモッチリ感を際立たすためか、むしろ少し茹ですぎたきしめんに逆に近づいてしまったようなこの麺が実に惜しい・・・
ミートソース佐藤9S
肝心のミートソースに至ってはどこか芳醇で牛ホホ肉の赤ワイン煮込みの様なリッチ感あるソースだった阿佐ヶ谷に対し、「ミートソースっていうよりほぼデミグラスじゃん」と口に入れて5秒で思ってしまうようなこのソースまでもが実に惜しい・・・。うーん、やはり2匹目のドジョウとなるとなかなか難しいものなのかと実に勉強させられた新潟のミートソース
ミートソース佐藤10S
インスパイアというよりはほとんど別物と思った方がイイでしょう
そう思えばこれはこれで十分アリかと・・・。いずれにしても次に食べる機会があればきしめん平打麺ではなく丸麺で行くことは間違いない
ミートソース佐藤11S
(☆☆☆ 3.0 食べログ )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント