FC2ブログ

かもめ食堂@福岡市博多区

「宮城・気仙沼からようこそ九州・博多へラースタでかもめ食堂
かもめ食堂0S

ここに来るのってもしかして10年ぶり
かもめ食堂1S
超激久々のキャナル。30代の頃までは映画見に来たり時々来てたけど、博多駅近辺の賑わいの影になって最近はトンと来なくなったモンねー
かもめ食堂2S
ちょっと買い物ついでに寄っただけなんだけど折角ならいっちょ啜って行きますか
かもめ食堂3S
確かこの前ラースタに来たのはって調べてみると・・・・・、六厘舎2008年10月ってもう10年も前じゃん。いや、10年も来てなかったっけ~とひたすら自分で驚いてたりしてー。時が経つのは早いものです
かもめ食堂4S
ってことで開店直後のラースタで選んだお店ははるばる宮城県は気仙沼からやって来た「かもめ食堂」。人だかりで朝から人気だったのは地元・福岡の「秀ちゃん」と「名島亭」ってところだったかな~。県外からの出店は札幌の「らーめん大地」と京都の老舗「新福菜館」。
かもめ食堂5SSS
昨晩呑みすぎたせいもあって身体が魚介系の優しいプースーを欲しがっておったとです
かもめ食堂7S
昭和17年創業の老舗が平成18年に閉店その後被災して建物が全壊気仙沼出身のちばき屋店主により平成27年11月に復活オープン。そんなストーリーのあるお店だそうです
かもめ食堂6S
選べるスープは醤油。あとはそれぞれチャーシューとワンタン、煮卵なんかの組み合わせ
かもめ食堂8S
かもめラーメン醤油」(¥750
昔懐かしいようなクラシカルな丼に茶褐色のスープ、チャーシュー、メンマ、青ネギにナルトが1つ
かもめ食堂9S
鶏ガラと豚骨がベースの動物系に煮干しや昆布などを加え、仕上げに気仙沼特産のサンマで作った香油を回しかけて出来上がるかもめ食堂のスープ。最初にプワ~ッて魚介の香りが広がって後から獣系が来るような、アッサリしつつもコクがありどこか懐かしいながらも力強さも併せ持った実によー出来たスープ。いや、マジで結構旨いよ
かもめ食堂10S
そしてこのスープにはコレでしょー的、相性バッチリな細縮れ麺。スープの持ち上げも至って良好。まさにこのスープにこの麺ありと思えるくらい、バランスというか麺とスープの一体感が最高
かもめ食堂11S
唯一のマイナスポイントはこの肩ロースを使ったチャーシュー。開店直後ってのもあるかもしれないけど、冷蔵庫の保存臭がちょっとね~。麺とスープの出来が良かっただけにこれは残念
かもめ食堂12S
なんだかホッとする味わいに大満足」。
ちょっと二日酔いで疲れ気味だった胃粘膜に優しくスルスルと入っていくような、実に優しくて美味しい醤油ラーメンでしたわ。博多のトンコツラーメンじゃなかなかこうはイカンもんねー。丼ぶりの向こう側に被災地となった気仙沼の情景が浮かび上がるような、そんなどこか懐かしくもありそれでいてしっかりと美味しいかもめラーメン、ごちそうさま
かもめ食堂13S
どうも今月末からはこの気仙沼・かもめ屋が東京の名店「ちばき屋」に入れ替わるらしいぞ・・・
(☆☆☆☆ 4.0 食べログ )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント