FC2ブログ

上海総本店@広島市

八丁堀のクサ旨系は今も健在上海総本店の中華そば
上海総本店0S

懐かしの思い出を訪ねて・・
思い起こせばもう30年以上も昔の話。当時、浪人中の予備校生だった頃の息抜きと言えばもっぱら駅前でビリヤード、中央公園でサッカー、パークレーンでボウリング。八丁堀界隈に出てくると決まってお昼は「みっちゃん」でお好み食べるかここのワンタンチャーシューメンが定番中のド定番じゃったよ。インターネットはおろかグルメ本もなかった昭和の終わり頃・・・、
上海総本店1S
上海総本店」。
昭和28年創業の広島ラーメン界を語る上でハズすことの出来ない老舗有名店。お店の前に来ると四国や山陰出身の友達はみんな「臭えークセ~」と言ってたけど九州育ちの人間からしてみたら「別に普通じゃん」って思う程度の獣臭漂うお店ナリ。これがまたぶちえ~んじゃけ
上海総本店2SS
イニシエ感満載戦後から60年以上も広島の街を見守り続けてきたレトロなお店はカウンターが10席ほどと4人掛けテーブルが6つほど。入り口はいってすぐにある真っ黒なおでんも人気アリ
上海総本店3S
メニューは以上。好きなラーメンに+¥200の半チャンセットを頼むお客さんが多かったように覚えてるんだけどね~。ワンタンの上に切り落としのチャーシューがドチャっと入った往年のワンタンチャーシュー麺(¥950)も頭をよぎったけど、軽ーく昔を懐かしみたいだけだったのでデフォの「中華そば(¥650)」をオーダー。ランチタイムをとっくに過ぎた中途半端な時間だったおかげでお客さんも少なくすぐ出てきたけー
上海総本店4S
これが広島・上海総本店の中華そば」。
クラシカルな広島の醤油豚骨ラーメン。具材は無造作に放り込まれたチャーシューが3・4枚と味の浸み込んだメンマにネギと細モヤシ。昔と同じ、相変わらず飾りっ気のないルックス。上海はコレでえーんよね
上海総本店5S
昔ながらのややオイリーな醤油豚骨に実は鶏ガラも入ったスープは見た目ほど濃くもないしコクもあって実は後味も意外にスッキリしとんよ。そーそーコレコレ。なんかホッとするー
上海総本店6S
ここ上海の焼き飯にはソース、ラーメンには洋コショーがホンマよう合うんじゃけ
上海総本店7S
まあまあ歯ごたえのよいストレートの細麺。昔の麺の記憶はほとんどないに等しいんやけど、細モヤシとの微妙なバランスを考えてのこの麺の太さなんやろなー。柔過ぎず、喉越しも良好
上海総本店8S
チャーシューは薄い細切れのヤツなんだけど柔らかくてしっとり系。決してホロホロではない。だけどこのチャーシューを無造作に乱暴にドサッと入れたチャーシューメン目的に来るお客さんも多い。若者男子なら絶対チャーシュー麺。醤油の味がよく浸み込んだ濃い色のメンマもなかなかえー仕事しとんじゃけ~
上海総本店9S
久々に啜った上海総本店もやっぱりえ~ねー」。
上海のこの野暮ったくて飾りっ気なしの中華そばってなんか魅力あるんよ。クサ旨系なのは相変わらず健在。久しぶりに啜れてホッとしたっていうか懐かしい味わいに昔食べてた頃よりも少し美味しく感じられたりして・・・・。昔の懐かしい思い出も加味して☆4つ
上海総本店10S
これからも、ずっとこの先いつまでも・・・
上海総本店11S
(☆☆☆☆ 4.0 食べログ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント