FC2ブログ

永斗麺@広島市

「トンコツxサンマのマリアージュその名も”8 MEN(メイトメン)”」
栄斗麺0S

ホントは広島魚介系の総本山と呼ばれる「ふじもと」に行ってみたかったんスけどね。足がなかったのと広島滞在の残り時間を考えてふじもと直伝と言われる立町のコチラで手を打つことに・・・
ガリバーS
どうしても近くに来れば立ち寄ってしまうオッチャンにとっての立町の聖地ことガリバー。ここで初めて食べたのもかれこれ30年前か~と思うとなんだか感慨深い。今日も待ち客ありの大繁盛、これからもいつまでも頑張って欲しい店の1つ
栄斗麺1S
ってことでサンマを求めてスグ近くにあるコチラの「永斗麺」へ。この紙屋町本店を含め現在、広島に4店舗と東京・池袋にもサンマ増殖中
栄斗麺3S
基本的にはサンマらーめん(醤油)とあぶら麺の2本立て仕様
栄斗麺4S
と思いきやエビだのホタテバージョンもあるみたい。もちろんブレることなくお目当てのサンマらーめん(醤油)¥780のボタンをポチッとな
栄斗麺5SS
ちょっとしたバーのようなお店にはカウンターとテーブル席。どちらかと言えば若者中心の客層ってトコでしょうか
栄斗麺7S
市内にはここ紙屋町の本店の他、アルパークと駅前福屋の11階、それに南区の段原にもあるそうです。アルパークに段原とか超ナツカシ~
栄斗麺8S
ってとことで「エイトメンのサンマ登場」。
ドンブリ上のトッピングは炙った豚バラ肉にモヤシ・ネギとうずらの卵が1個。おっと丼から漂ってくる匂いがチョット何かイイ感じ。早速、スープからひと口・・
栄斗麺9S
ガッツんサンマに焦がし醤油」。
結構な魚粉ザラザラ系だけど青魚特有の臭みは皆無。トンコツはかなり控えめな感じでサンマの旨味と醤油の香りが一口目から全開で押し寄せてくる感じ。魚粉のザラつきもあるんだけど決してヤリ過ぎた感はなくて結構好きかもー。まだ九州にはあまり上陸してないタイプのスープ。焦がし醤油の感じはなんとなく旭川の蜂屋に通ずるものがあるようだし魚介豚骨のベクトルとしては札幌の「あらとん」に似てるような気もするんだけど、味そのもが両者とも全然違ーう。いわゆるクセがあるけどハマる系
栄斗麺10S
麺は博多の極細よりひと回り程度太めの中細ストレート麺。スープとの絡み具合もいいしこの麺自体も結構美味しいのよ。なんかハマりそうやわ
栄斗麺11S
濃い味x濃い味でクドくなることを避けるため軽く炙った、チャーシューというよりは薄くスライスされた豚バラ肉をこの魚介スープにつけて食べるとまたこれが結構旨いでやんの。アカン、これめっちゃご飯が欲しくなるヤツやん
栄斗麺6S
濃厚なトンコツ魚介系ゆえどうしても後半クドくなってきた時には卓上にある玉葱のみじん切りが大活躍
栄斗麺12S
あらら濃い目のトンコツ魚介スープがさっぱり味に大変身」。
刻み玉ねぎがほんまエエ仕事しとんじゃけ~。こりゃ、若者中心に人気があるのも分かるわなー。スープと麺がホンマ旨いもん
栄斗麺13S
実に美味しゅうござんした~」。
少しオイリー系も入ってるのでオヤジ世代には少しクドさを感じるかも知れないけどそういう時は刻み玉ねぎを多めに入れるなどで対処可能。こりゃ~いつか総本山と呼ばれる「ふじもと」にも絶対行ってみたーい。それに今月にオープンしたばっかりの福屋広島駅前店限定の牡蠣らーめん(年中OK)ってのも激しく気になるし・・・。次に広島来た時の宿題がまた増えてしもうたわ
栄斗麺14S
(☆☆☆☆★ 4.5 永斗麺HP 食べログ )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント