ステーキ nobu @佐世保市

「四ケ町アーケードに熟成赤身肉のステーキレストラン現る
ステーキnobu0S

そういえば年末に佐世保で見つけたステーキ屋さんのこと忘れとったバイ
ステーキnobu1S
いつものように佐世保の四ケ町アーケードを歩いているとインドカレーのお店の1階部分に新しいステーキ屋さんが出来とった。ちょうど晩御飯前やったので思い悩む前に即行動
ステーキnobu2SS
後から調べると長崎を中心に主に北部九州で飲食業を展開するあの庄屋グループの新事業のごとあるね。っていうかあの庄屋の本社が長崎というのも知らんかったケド・・。佐世保という街柄からさぞやアメリカンな外人さんで賑わっているのかと思いきやうら若き女子会みたいなのがあっててプチ驚いた
ステーキnobu3S
ステーキnobu5S
メニューはこんな感じ。佐世保でアンガス牛と言えば以前ミシェル ブラウンで激ウマのリブロースを食べたことがあったけど、それと比べると金額的にはややリーズナブルってところでしょうかミシェルがアメリカンな雰囲気だったのに対しコチラはもっとカジュアルにした感じ。まずは手始めということでブラックアンガスのザブトン(200gで¥1950)のミディアムレアにディナーセット(スープ・サラダ・ライスorパン付き¥550)をオーダー。よっしゃ今日は肉喰うたるで~
ステーキnobu7S
まずはディナーセットのスープとサラダからリザーブ。スープはオニオンコンソメ・コーンスープ・チキンチャウダーの中からチキンチャウダーをチョイス。このスープ、かなり具だくさんで食べ応えあるチャウダーなんだけど味付けがちょっとお子ちゃま仕様かな~。サラダもそれなりにボリュームあってグッド。お肉食べる時は野菜食べなきゃね~
ステーキnobu8S
お待ちかねブラックアンガスのザブトン200g」。
Chuck Flap(チャックフラップ)=ザブトンでChuck Eye(チャックアイ)=ハネシタってことになるんだろうけど簡単に言えば肩ロースの一部ということでよろしいアルカ
ステーキnobu9S
肉喰ってるぜベイビー」。
赤身とは言え適度なサシが入ったロースの部分ですモン、コレが旨くないハズがなーい。そして熟成肉だけあってとにかく肉の味が濃い。肉も柔らかくて幸せ~
ステーキnobu10S
脂でウッとならないからいくらでも食べれるぞー」。
付け合せはコーン・ブロッコリー・カボチャ・ナスにカブ。ステーキにかかった控えめなジャポネソースがお肉の味を邪魔しない程度でとてもいい塩梅。アッサリした味わいなので最後までまったく飽きることなく美味しく食べれる
ステーキnobu11S
やっぱ熟成肉旨ェ~
若いときは断然焼肉派だったけどこの年になって来ると脂身のない上質な赤身をステーキで少し食べるくらいが丁度いいのよねー
ステーキnobu12S
満足度すこぶる高し」。
美味しいザブトン200gのステーキディナーセットでこれでお値段¥2700とかなりリースナブル。ステーキハウスと言えばちょっと敷居が高いって感じだけどココはアーケード内で入りやすい上にカジュアルな雰囲気だから若い人たちにも人気出るかもしれないねー。佐世保で気軽に熟成肉のステーキを食べたい時なんか重宝しそう
ステーキnobu13S
この「うずらのピラフ詰めローストミックスベリーソース」ってのがメッチャ気になったのよ~。ってことで再訪カクテーイ
ステーキnobu14S
(☆☆☆☆ 4.0 食べログ )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント