しぞーか酒場@静岡市葵区

「手っ取り早く静岡らしいものが食べたくて・・・
しぞーか酒場0S

ホテルにチェックインした後は夜の繁華街を散策。適当にウロウロして静岡っぽいものを食べさせてくれそうなこちらの居酒屋さんで本日の晩酌
しぞーか酒場1S
その名もズバリ、「しぞーか酒場」。半開放的なお店の雰囲気と静岡名物の言葉に誘われて入店。せっかく静岡に来たんだモン、せめて静岡っぽいモノで今日の疲れを癒したい
しぞーか酒場2SS
まあお店はフツーの居酒屋さんって感じだけど手前にテーブル席と奥にカウンター席と座敷もあるので御一人様から団体客まで結構使い勝手も良さそうよ
しぞーか酒場3S
遅い時間だったのもあって刺身類はまいわしや生シラスなど半分くらいが売り切れ御免。ん海つぼって何やろ
しぞーか酒場4S
清水のもつカレーや茹で置きのシラスはあるんや
しぞーか酒場5S
そして静岡と言えばやっぱりおでん。さてさてどのおでんを頼もっかな~
しぞーか酒場6S
おでんは食べたいけど串カツはね~。しぞーか名物黒はんぺんフライこれは気になる
しぞーか酒場7S
そやな、明日の健康の為にも呑む時にはサラダも食べなアカンな。桜エビとシラスが入ったその名も徳川サラダにしよう
しぞーか酒場8S
お通しは「甘えびのから揚げ」。甘えびにしては少しデカいような気もするけど塩味が効いててビールのアテには最高だぜ
しぞーか酒場9S
お刺身はアオヤギをチョイス。アオヤギって確か潮干狩りに行った時にアサリと間違えてたくさん獲れるあのバカ貝のことだよな・・・。江戸前寿司のネタにもなっててこんなに旨いのにどうして九州じゃあまり食べないんだろうか・・・
しぞーか酒場10S
気になっていた「黒はんぺんのフライ」。一見白身魚のフライのようだけど揚げ立てにマヨネーズがついて出てきたぞ。白いはんぺんは大好きだけど黒はんぺんってのはおっちゃん実は初体験だぞ
しぞーか酒場11S
ハフハフ、何コレうんまっ」。
揚げ立てサクサク、衣も粗目でザクッとした歯触りの中に魚の練りモノなんだろうけど、白はんぺんのように滑らかでなくて少しザラついた食感がオモロー。フワフワした白ハンペンや鹿児島のさつま揚げよりもずっと魚っぽさを残したような練りモノ。これ酒の肴にいいねー。ここでビールから焼酎にチェンジ
しぞーか酒場12S
おっと福井の名酒「二左衛門」や「石田屋」もあるぞ。ここに来て薩摩の宝山天使の誘惑を呑んでも仕方ないしせっかくだからもっと静岡っぽいものを呑むとしよう
しぞーか酒場13SS_edited-1
葵の御紋もそうノタマッテおられる」。
そうここは駿河国、かの徳川家康の御膝元。一同、ひかえ~ぃ
しぞーか酒場14S
ってことでしぞーか割りに変えての徳川サラダに静岡おでんから牛すじ・大根・糸こんにゃく。徳川サラダって確か桜エビとシラス入りって書いてあったけどあれ桜エビが・・・入ってない。入れ忘れってことはないでしょうから品切れだったのかなー。まあその分、シラスがたくさん入ってたので良しとしよう
しぞーか酒場16S
漆黒のツユで煮込んだおでんは味が濃いねー。だし粉と青のりをかけて食べる静岡おでんはちょっと濃い目の味付けなんだけどお茶で割ったしぞーか割りとの相性はバッチリ。この牛スジ旨かったな~。大根と糸コンはまあ至ってフツー。おでんネタの「しらやき」は何かと思ったらタラのすり身で出来た練りモノのことやった
しぞーか酒場17S
とりあえず静岡っぽいものを満喫」。
以上のおつまみに飲み物は生ビールx1としぞーか割りx1でしめて¥2980。メニューも多いしそこそこリースナブル。料理が全般的にちょっと味付けが濃い目なところもあるけどまぁ居酒屋さんとして深夜まで営業してるし結構使い勝手いいんじゃないかな~。静岡っぽいものも食べれたし初日の〆としては満足満足
しぞーか酒場18S
夜の繁華街も結構賑わってるしー。明日からも静岡を満喫するぜー
(☆☆☆★ 3.5 食べログ )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント