中央亭@沼津市

「沼津が誇るオンリーワンな餃子を求めて・・・
中央亭0S

今回の静岡遠征の3大ミッションの1つ
中央亭1S
静岡滞在2日目の朝は静岡駅から東海道線に乗って東へ移動
中央亭2S
この日は快晴で車窓からは富士山もくっきり。さすが日本を代表する富士山、こうして見てもその存在感たるやハンパねー
中央亭3S
普通列車に揺られること約1時間。本日の目的地、沼津に到着。沼津と言えば昔バルセロナオリンピックでゴールドメダリストとなったあの天才中学生を生んだ街。駅を出て南へ歩くこと約5分でまず最初の目的地に到着
中央亭4S
中央亭」。
いろいろな情報をもとに開店1時間前に来たんだけどアチャーちょっと早過ぎたかまだ先客はゼロ
中央亭5S
この時点ですでに本日の持ち帰りは終了。となれば散歩がてら駅付近を少し周辺散策
中央亭19S
穏やかな五月晴れとなったこの日の沼津。20分ほど時間を潰してちょっと早い昼ごはんを食べに中央亭へと戻ってみる
中央亭6S
すると開店を待つ行列が出来はじめていてなんとか6番目をゲットすることに成功。これであの念願の餃子にありつけるまであと30分の辛抱。この時点で10人ほどだった行列はその後徐々に伸び出して11時の開店の時には30人くらい並んでいたような・・・
中央亭7S
開店と同時に即満席」。
11:00の開店時間ちょうどにお店がオープン。お店の人の誘導に従っていざ店内へ
中央亭8S
店内はテーブル席のみとなっていて必然的に相席は必至。別に慌てて座らなくても誘導のお姉さんの指示に従って座れば入って来た順番で注文を聞いてくれるシステム
中央亭9S
そう言えばバナナマンの日村がせかっくグルメの番組でここに来とったねー。お客さんも若い人というよりは中高年のお客さんが多い感じかな。観光客よりも圧倒的に地元の常連さんが多くて次から次へと持ち帰りのお客さんがお店の中に入って来る。そして皆さん決まって代金を払って帰る時に次の持ち帰りの予約をして帰ってるのよ・・・。聞いた話によるといつも行列でお店で食べるのは大変だから地元の人は大量に持ち帰りにしては冷凍保存して食べたい時に解凍して食べてるんだってー
中央亭10S
メニューは餃子の大・中・小とライス、他は飲み物だけ。せっかくだから餃子10個くらい食べたかったけど事前情報で結構1つが大きいっていうのとこの後の予定もあるのでここは餃子の小(6個)とライス(少な目)を注文。さてさて待ちに待った沼津・中央亭の餃子をホントに食べれる瞬間まであとわずか・・・
中央亭11S
卓上には酢醤油みたいな餃子のタレに自家製からし油と一味唐辛子。前に座った御一人様の常連らしきお婆さんの真似をしてこの3つを混ぜてタレ作りが完了。他のお客さんを見てると特に男性だと餃子に直接からし油と唐辛子をかけて食べてる人もいたみたいよ。ということで念願の・・・
中央亭12S
沼津・中央亭の餃子定食」。
コチラの先々代が60年以上も前に考案したというこの菱形の独特な餃子。見た目以上に独特なのがその作り方でフライパンで焼き目を付けてから大量のお湯を投入して焼き上げるのではなく茹で上げるという中央亭独特の製法。それゆえ出来あがった餃子の食感は・・・・、
中央亭13S
パリパリならぬクッタクタの茹で餃子」。
餃子の大きさは1つが大体乳幼児の拳大くらい。そこに結構重量のある餡がビッシリ詰まっているので優しく持ち上げないとせっかくの皮が破れそう・・・
中央亭14S
結構ズッシリと重みのあるぎょうざの中身はというと粗挽きの豚肉とキャベツが中心。ニンニクは入ってないんじゃないかな~。こんな感じで下味のついた餡がビッシリ詰まっているので一口かじった瞬間に何とも言えない旨味満載の極上スープがジュワ~って溢れ出す感じ
中央亭15S
ちょっとお行儀が悪いけど皮が柔らかいのでこんな感じで箸で簡単にちぎれちゃうしスパイシーさはないのでビールよりもご飯のおかずとして食べる方がしっくりくるかもー。食感は一般的な焼き餃子の真反対、かと言って水餃子ともまた全然違う沼津に来ないと食べれない中央亭のオリジナル餃子。ほとんど辛味のないからし油と一味唐辛子をたっぷり付けて食べると風味が増して更に美味ナリ
中央亭16S
沼津に来てヨカッター」。
餃子1個の食べ応えが結構あるので女性なら6個でも十分。ちなみに相席だったお婆ちゃんはペロッと8個完食してたけどね。確かに全国でも他に類を見ないようなこのデカくてフニャッとして中に餡がビッシリ詰まった独特な餃子。これはココに来ないと食べれない唯一無二の存在なりよ。餃子スキーなら死ぬまでに一度は食べに来るべし
中央亭17S
名物に旨いものアリ」。
お店を出た時には行列は更に長く・・・。循環はさほど良くないのでここは開店30分前に行って並んでおくのがオススメ。餃子はやっぱりカリッと焼き上げた方がどちらかと言えば好きだけど、これはこれで全く別の食べ物としてまた食べたーい。いろんな意味でこれまでの常識を根底から覆された沼津・中央亭の餃子、食人生まだまだ道半ば。よっしゃ次に向かうぜ
(☆☆☆☆★ 4.5 食べログ )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント