FC2ブログ

ささの離@佐世保市

「今宵の宴はちょっとリッチなささいずみグループのお店にて・・・
ささの離れ0S

佐世保で宴となるとかなりの確率でささいずみでイカをつまむのがもはや恒例となりつつありますが、今宵は同じささいずみでもちょっと趣向を変えてコチラのちょっと贅沢なささいずみの方へとお邪魔することになりました~
ささの離れ1S
ささの離」。
庶民の料亭」を掲げるささいずみの本店からもすぐ近くにある系列店だけど、コンセプトは「こだわりのお酒と料理を落ち着いた雰囲気で愉しめる、ちょっと贅沢なささいずみ」だそうな。本店の外壁が明るいオフホワイトなのに対しこちらはグッとシックに抑えた黒を基調とした外観でシブ~い
ささの離れ2S
1階のカウンター席前に生け簀があるのだってささいずみの本店と一緒。だけどカウンターからしてこちらの方が明らかに上等な感じ。宴会用の座敷と個室の小部屋に分かれた2階席へとご案内~
ささの離れ3S
離れのこだわりと書いてるメニューもささいずみとあまり変わり映えしないような・・・
ささの離れ4S
ささの離れ5S
ささの離れ6S
ささの離れ7S
ささの離れ8S
ささの離れ9S
ささの離れ10S
はっきり言って刺身に魚料理・肉料理・揚げ物や肴など本店とそこまでの変わり映えはなさそうなんだけど・・・。どのあたりのメニューが区別化されてるのかオッチャンにはあまりピンと来なかったぞ
ささの離れ11S
となると結局お店の名前が変わっただけでささいずみでいつも食べるものをなんとなく食べる結果になったりしてー。とりあえず生ビーと付け出しのキンピラゴボウで乾杯~
ささの離れ12S
まずは「珍味三品」にてアイドリング。ホタルイカの酢味噌和えに甘えびのくるみ和えと鯛の塩辛チョロチョロとつまみながらこれだけで生ビーx2杯。今日も呑むばーい
ささの離れ13S
やっぱり佐世保に来たら新鮮な魚介を食べんばね~ってことでマストのイカの活き造りの他にも長崎県産の本マグロの刺身なんかもちょっとつまんだりして・・・。あー、こんなん食べたら静岡の激旨マグロ丼を思い出してしまうやーん
ささの離れ14S
今日のいかチャンもすこぶる甘~い」。
ささいずみグループなら烏賊の旨さに間違いなかヨ
ささの離れ15S
イカの活き造り同様、ささいずみのもう一つのウリでもある長崎ハーブ鯖の〆サバも食べちゃわないとね~。この脂ののった真鯖の浅〆も間違いなかよー
ささの離れ16S
続いては長崎県対馬沖で育った黄金あなごの一本揚げ。さすが農林水産大臣賞を受賞しただけあって肉厚で食感もフカフカ。コレ日本酒や焼酎にめっちゃ合うよー
ささの離れ17S
あとはアサリの酒蒸しのささの離開店当初からの人気メニューでもある京風だし巻き玉子もオススメ。丁寧に焼かれた出し巻きは見た目もキレイ&フワフワでいわゆる万人ウケするタイプの優しい味わい
ささの離れ18S
佐世保名物のレモンステーキだってあるぞー」。
さすがに佐世保バーガーはないにしてもここに来ればある程度のリクエストが叶ってしまうのかもね~。もちろん味の方はどれもささいずみのお墨付き(名物がイカの活き造りなだけに)。
ささの離れ19S
もちろん活き造りで残ったエンペラとゲソは天ぷらでフィニッシュ」。
刺身もいいけどこの後造りの天ぷらがまた旨くていいアテになるのよ~。これだけで追い酒が3杯くらいは呑めるんだからなんて贅沢なんでしょ。だけどよくよく考えてみればささいずみでいつも食べるものとほとんど変わり映えしなかったりしてねー。まっ、ぶっちゃけささいずみと大して変わりはないし系列店ゆえにまずハズすことはないということで・・・要チェック
ささの離れ20S
(☆☆☆☆ 4.0 食べログ )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント