FC2ブログ

博多らーめん Shin-Shin(博多デイトス店)@福岡市博多区

「博多駅に着いたらまずは・・・博多んラーメン
shinshin0S.jpg

新幹線で博多駅に着いたら・・・なんか少し腹減った。ならばちょっと寄り道
shinshin1S.jpg
新幹線口の改札を通ってそのまま直進して行くおやつコース。ちかてんの大地のうどんもいいけどなんとなく気分はラーメン。デイトス2階のめん街道は新幹線に乗る前や下りた後なんかにめちゃくちゃ便利な散歩道
shinshin2S.jpg
12軒揃った博多の有名処の中からとりあえずスグに入れそうだったこちらの「博多らーめん Shin-Shin」にピットイン。超有名店だけどなんだかんだ言って実は初めてだったりして・・
shinshin3SSS.jpg
お店は3~4割の埋まり具合。これならサクッと啜って帰れそうやね
shinshin4S.jpg
shinshin5S.jpg
王道のラーメンあれこれ
shinshin6S.jpg
shinshin7S.jpg
博多はちゃんぽんと皿うどんも旨かとよ
shinshin8S.jpg
shinshin9S.jpg
焼き飯とおつまみメニューだって少しばかり。別に飾る必要もないし「ラーメンと焼きめしばちょーだい」。あ、モチロン麺はカタメンでね
shinshin10S.jpg
ゴマとニンニク・紅ショウガがそろっていればもう完璧。昔から福岡のトンコツラーメンって言えばこれが当たり前くさっ
shinshin13S.jpg
実は昔、天神の本店に行ったことがあるんやけど行列がびっくりする程凄くてさ~・・・。しかも2~30人並んでたそのほとんどが您好朋友なお隣の国からの観光客だったので何だか急にアホらしくなって止めたのよね。そう言えばその時に食べ損ねて以来、なぜか一度も行ってなかった・・・
shinshin11S.jpg
おっと先に焼きめし登場という珍しいパターン
shinshin12S.jpg
そして間髪入れずにラーメンも登場。一躍人気店となったシンシンさんだけあって、さすがのオペレーション。ではさっそく自慢のラーメンスープから一口
shinshin14S.jpg
マイルド系甘ウマのシルキー豚骨」。
ちょっとオイリーだけど元ダレの甘さが何とも特徴的。豚骨100%に食べ慣れた人だったら一口目でってなる感じがあると思うんだけど鶏ガラや野菜も一緒に煮込んでる分、口当たりもまろやかで女性ウケしそうなスープ
shinshin15S.jpg
麺は博多でもかなり細い部類に入る、まるでそうめんのような超極細ストレート麺。いやー、ここまで細い麺って久しぶりに見るよな~ってな感じでカタ麺にして大正解。このプツンと切れる歯ごたえこそ博多とんこつラーメンの醍醐味。麺箱に川部食品って書いてあったけど、早良区にある餃子工房 点心点の会社から麺は取り寄せてるのかしらん
shinshin16S.jpg
ホント最近は博多のラーメンもどこもチャーシューが美味しくなったよね~。オッチャンが子供の頃はどこもペラペラのとってつけたようなパサパサのチャーシューばっかりやったモンね~。まあまあ、ラーメンの方は予想を超えることもなく、かと言って下回ることもなく期待通りの一杯てな感じ
shinshin17S.jpg
ばってん、焼きメシの方は期待以上の合格点」。
シンシンの焼きメシが旨いとは呑み友達から聞いたことがあったんだけど、パラパラ系で米が立ってるっていうか細かく刻まれたすべての具材がまんべんなく混ざり合っていてホント美味しい。やや薄めの味付けなんだけどラーメンと一緒に食べるとまさにちょうどイイ感じでこれはなかなかの逸品ですバイ。この組み合わせ、なんかふと中間の「らーめん ゆきむら」の焼きめしをどことなく思い出したりして・・・
shinshin18S.jpg
ごちそうさまですたー」。
確かに博多駅でサクッと行くにはいいかもね~。だけど、だるまもあればナンバーワン一幸舎もあってどさんこぴかまつ海鳴月やもある乱立地帯。これだけ有名人気店が一同にそろっているとなれば観光で来たお客さんも正直どこに行っていいか分からんやろね~
shinshin19SSS.jpg
食べ終わる頃にはいつの間にか店内はほぼ満席。さすが九州ナンバー1の集客力を持つ博多駅ナリ
shinshin20S.jpg
(☆☆☆★ 3.5 博多らーめん Shin-Shin HP )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント