FC2ブログ

喜楽 本店@佐世保市

「高架下の老舗大衆中華で具だくさんの皿うどん
喜楽0S

この日は四ヶ町アーケードから小路に入ったコチラの大衆中華で晩御飯
喜楽1S
喜楽 本店」。
松浦鉄道の高架下にある何ともシブい佇まいの中華料理屋さん。これまで何回か店の前を通ってて観光客というよりはいつも地元の人が食事をしてる感じでちょっと気になってたのよね~。聞くところによれば創業60年くらいになる老舗の大衆中華料理屋さんとのことで以前にはトリアス久山にも支店を出してたこともあるんだってー。トリアスには結構映画を観に行ってたけど・・・・、全然覚えてなーい
喜楽2SS
テーブル席中心のお店は中華料理ってよりもどこかのレストランや喫茶店のような雰囲気やね。おっと中央の相席用の大きなテーブルにおでん鍋発見。季節外れとは言えあとでちょっと覗いてみよう
喜楽3S
喜楽4S
メニューはこんな感じ。ここは長崎県佐世保市お店自慢のイチオシはやっぱりちゃんぽん&皿うどん。しかもUSネイビー始め外人さんが多い土地柄ゆえ英語表記のメニューまで完備しとらす
喜楽5S
水餃子とご飯のついたお得なセットメニュー。オマケに替え玉(¥120)まで可能な街中華のラーメンって結構珍しいぞ
喜楽6S
焼きそばと餃子(1人前)に生ビール(中ジョッキがついてなんと¥1000アンダーというホロ酔いセットなるものを発見。普通なら生中と餃子だけでも¥1000くらいかかるというのに何たる大盤振る舞い。こりゃー皿うどん食べる前から再訪も決まったようなもんバイ
喜楽8S
皿うどん(¥750)を注文した後におでん鍋を拝見。鰹とコンブの何とも旨そげな匂いに釣られるように2本ほどお皿にゲット
喜楽9S
スジ肉ベビー椎茸(串先にウズラの卵1つのオマケ付き)」。
品数は少ないにせよ予想以上におでん出汁が美味しくて・・・。スジも椎茸も自分好みのお味でさぞや満足
喜楽10S
ハイ見た目と匂いだけで分かるコレ旨いヤーツ」。
喜楽11S
アサリにキャベツ、かまぼこ、もやし、豚肉、ニンジン、エビ、イカ、キクラゲにネギ、タケノコとウズラの卵にゆで卵まで入って超具だくさん。これまでにいろんなお店で皿うどんを食べてきたけどここまで具材の豊富な皿うどんは初めてかもー。控えめな味付けの餡も緩すぎず、かと言って硬すぎることもなくジャストな塩梅
喜楽12S
自家製を謳う麺だって揚げた麺に旨味エキスを十分吸わせ、且つところどころにしっかり焼き目を付けるという理想的な仕事ぶり。いや~、食べ手の気持ちがよーく分かっておられる
喜楽13S
半分ほど食べたところでお決まりのソースをくるり。別に味が薄いなんかじゃなく、ソースをかけることによって一気にB級感が増すという北部九州ではいたって日常あるあるな伝統的食の嗜好
喜楽14S
バ・リ・ウ・マ」。
具だくさんの比較的オーソドックスな味付けの皿うどんだけどモッチリした麺の食感がなんとも特徴的でござるよ。いや~、マジで結構いい店見つけてもうた
喜楽15S
ただ惜しむべくは麺のボリュームがチト少なかったかな~。せめてあと2割増しほどあれば満足度も100%だったに違いない。ということで満腹感を得るためには水餃子とおにぎりのついた皿うどんセット(¥920)を頼むのがマストでしょう。さすが60年続く街中華にはそれだけの訳があるということで・・・・ごちそうさまでした
喜楽16S
(☆☆☆★ 3.5 食べログ )

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント